FC2ブログ

ジョジョ脾臓摘出その後

2018年10月09日 06:44

『 走らせてください!』

と、先日の獣医で言われました。

スーちゃんがいた頃は
旅立つ最後の日まで
ジョジョとスーと私、
のんびり1時間以上お散歩していたものです。

お散歩が大好きで、いつもイソイソと
カートに乗っていたスーちゃん。


それが関節炎、脾臓摘出と続き
「フラリご近所ちょこっと散歩」となり
すっかり筋肉が落ちて
軽くなってしまったジョジョ君。


もう足も手術跡も問題ないから
走らせて筋肉戻して体重戻しましょう、と
相成ったわけであります。

まぁ、いいことよ。



ジョジョの脾臓摘出から
3週間がたちました。

摘出のきっかけは
近所の病院で行った健康診断でした。

ジョジョにはスーの分も長生きして欲しい、と
思い立った健康診断。

そこで5㎝の腫瘍が見つかったのです。


良性の場合、過形成など

悪性の場合は血管肉腫など。

悪性の場合は針診は禁忌で
良性の場合でも破裂のリスクがあり
いずれにしても全摘出をして
検査するのが望ましいと。


帰宅して先生の説明をより理解すべく
Google先生に質問です。

「 脾臓 腫瘍 悪性 確率 犬 」
「 血管肉腫 予後 犬 」

悪性の確率が高く

悪性の場合、血管肉腫が多い

そして
血管肉腫の予後は1年生存率10%未満

とかとかとかとか

なんだか、
胃がキューっと痛くなる内容が
ツラツラ出てきましたが
確率は確率。

万が一、癌だったら
どこの病院で
どんな治療をしていくのがいいのかな…
そんなことはボンヤリと夫と話しつつも
術後の検査結果を待つことに。


結果は良性でした。


楽しそうに走るジョジョを見ながら
ジョジョがいてくれて良かった、
とつくづく思いました。

そして健康診断、
力強くおすすめします。
泣けるほど高かったけどねー(;´༎ຶД༎ຶ`)

スーの49日の前日、思い立って行きましたが
脾臓の腫瘍は症状が出た時には
重篤なことになってる場合が多く
このタイミングで見つけられたことは
本当に幸運でした。


久々にみんなで出向いた散歩道。

そこは、
スーがお空にいってしまう2時間前に、
そうとは知らずに
私と夫と3人で過ごした場所でした。

まさか2時間後に
逝ってしまうなんて思いもせずに

ただ暮れゆく空を
静かに見上げていた。


直前まで穏やかな時間を共に過ごせたことは
その後、私達を支えてくれる
大切な思い出となりました。


スーと過ごした大切な思い出の場所。

家族が増えたり減ったりしながら

ジョジョの真似してモジョモジョー

でも「今が良かった」と思えて良かった。



スーが逝ってしまってから
初めて足を運んだ
あの子との「最後の思い出」の場所で

スーとの思い出を振り返りつつも
悲しみに押しつぶされることなく
今に感謝する、
そんな思いを抱けて、ちょっとホッとしました。



『 やることしてから遊びなさーい!』と
SOを怒ったり

目覚めた直後から『 パン! 』と騒ぐKeiに
『 まだ4時です・・』とイラッとしたり

リクエストされてお弁当作ったのに
なぜ忘れるーっっ(゚Д゚;)!!などなど
旦那様のマイペースっぷりに
目くじらたてたり

日々、やることがあまりに多く
大らかに見守る気持ちが
ここしばらく家出中だったのですが

そんな毎日ギスギスしないで
もっと家族に優しくしよーっと。

と、反省した私なのでした。
しばし鬼母・鬼嫁休業したい。

悲しみも喜びも
一緒にかかえていける家族に感謝。
みんな元気で過ごそうね。

にほんブログ村 犬ブログ ウィペットへ にほんブログ村 子育てブログ 2011年4月~12年3月生まれの子へ
ポチっと!していただけると励みになります!



スポンサーサイト

闘病中のスーの日常(前編)

2018年08月20日 08:10

前略 スーちゃん

暑さが和らいだ先日、
2ヶ月ぶりに
子ども達と公園に行くことができましたよ。

あの子達は
相変わらず元気ハツラツで
騒がしくて困ったものです。



蝉の声が溢れる公園には
秋の風が吹いていました。


お土産に、ちょっと早い秋を
少しだけ持って帰ってきましたよ。

スーちゃんがいた頃から
ずっとつけっぱなしだったエアコンも
2ヶ月ぶりに切りました。


早いもので
あなたがいなくなってしまってから
そろそろ1ヶ月が経とうとしています。

あの頃は暑さが早すぎたね。

体調が悪化しないように
少しでもお散歩が楽しめるように
ジタバタとあがいていたのに

すーちゃんが、過酷な暑さも一緒に
お空に連れてってくれたのかな。

とても気持ちが良い夏の日が
やってきましたよ。

スーにも感じさせてあげたいです。

もう少し生きていられたら
もう少し気持ちの良い散歩を

もう少し。
もう少し。

まだまだ見せてあげたい景色があって
まだまだ一緒にやりたいことがあって

だから、ついつい、
そんなことを考えてしまいます。

きっと喜んでくれただろうな、って。


だって、
ついこの前まで生きていたから。

さて。
2年2ヶ月、
スーちゃんがとても頑張ってくれた闘病記録。

それを書き記す前に
闘病中の日常も
まとめておきたいな、と思いました。

実はね、スーちゃんを見送った夜、
動物病院の先生と
LINEをしてたんですよ。

そうそう。
先生、スーちゃんのこと
とっても褒めてましたよ。

偉かったね。

話の流れから、
スーちゃんの動画をやりとりすることとなって
元気に走り回るあなたを久しぶりに見ました。

よくわからないけど、
元気が出ました。

スーは生きていた、と。
とても生きていた、と。

何だか、とっても元気をもらいました。



お空にいっても
スーに元気をもらいっぱなしだね。

だから、動画をまとめようと
思い立ちました。

でも。

引越しの時に見つけてしまったアルバム同様、
懐かしくて全然、作業が進まなくてね。

しかも、保存がうまくいかなくて
何度も作り直ししすぎて
ちょっと飽きてきちゃった(笑)

ここらへんで、いい加減まとめますね。

スーちゃんが血尿を発症して、
悪性度の高い癌になって
4度も手術して、
実は6回も輸血した、
そんな日々の動画です。



それは、
スーちゃんと私達が過ごしていた
当たり前の毎日。



ブログに書くことも
わざわざ動画を撮ることも
ほとんどしなかった



私たちの



あまりにも日常。


動画はスーちゃんが
病気を発症してからのものです。

長くなるので、
2本にわけました。

まずは前編。

■前編

血尿を発症して、
その1年後に悪性度の高い乳腺癌となり、
末期のステージとなるまでの1年10ヶ月。



膀胱が癒着して血尿が出続けてたし、
腫瘍摘出の手術を4回も繰り返した、

なのに、
そんなそぶりもなく
スーちゃんはいつも明るく元気でしたね。

だから、私達も楽しい日々の中で
闘病を支えられました。


『 ありがとう 』しか言葉がないです。

もっと動画を撮っておけば良かったな。

さて。
後編でね、スーちゃんが
お空に行くまでの日をまとめてるんだけど
スマホのメモリがいっぱいでね。

作った動画が保存できないよ(笑)!

色々整理してなくては、とkazoo反省中です。

決算もひと段落したし
今日から賑やかな娘がサマーキャンプだし


25日の月命日までには
完成させたいな。

忘れてないから、
もうちょっと待っててね。

追伸、

寝ることと食べることにだけ忙しく
散歩拒否気味な相方に、お空から
ちょっと喝を入れてもらえると嬉しいな。

早々

にほんブログ村 犬ブログ ウィペットへ にほんブログ村 子育てブログ 2011年4月~12年3月生まれの子へ

スーちゃんえらかったね!で
ポチっと!していただけると励みになります!

今日の嬉しいこと

2018年07月17日 14:38

今朝もお散歩に行けました。



4時で蝉が鳴き始めて、
4時半で、すでに暑い!

もう命の危険を感じるんですけど。

そしてスーちゃん。

なんと。
昨夜、今朝と
2度の食事を完食!

しかもジョジョの分まで
食べに行くというやる気を披露。

『 お昼ご飯は流石に食べないかな… 』と
準備を始めたら

ご飯おねだりにきた~(´༎ຶོρ༎ຶོ`)

旦那様にそっこーLINEです。

そして、お昼も完食✨✨✨
もう本当に嬉しい。


連休中、色々あって
朝一で獣医さんが心配して
様子伺いの電話をくれたのですが
ご飯の話を伝えたら
一緒にすごーく喜んでくれました。


凛とした表情で
お散歩を楽しむスー。

歳を取っても
病気になっても
凛とした、その姿を
変わらずに見れるのが
とても嬉しいし、
とても誇らしく思います。

kazooさん寝てる?ってご質問をよくいただきます。

→ ほぼ寝てません
→ 寝不足から体重増加になりつつあります。
ちょっとぉ~っ!踏んだり蹴ったりなんですけどぉ~!


にほんブログ村 犬ブログ ウィペットへ にほんブログ村 子育てブログ 2011年4月~12年3月生まれの子へ
スーちゃん、いいね♫で
ポチっと!していただけると励みになります(๑˃̵ᴗ˂̵)و♪



ラトのおかげ!!

2018年07月12日 22:48

あの日、
諦めかけた自分を叱りたい。

スーちゃん、
密かにまた輸血してました。


スーちゃんの場合、
現在、癌よりもっか
血尿による貧血が心配どころとなっています。
貧血、命にかかわるので。

6月29日(金)
血尿が悪化してきたので
集中的に膀胱洗浄してもらうために
1泊のつもりで入院させました。

翌日、お迎えに行ったのですが
ヘマトが急降下していて
早めに輸血した方が良いという判断に。

この数値の急降下が
本当に怖いです。

そのうえ。
病院の供血犬はまだ不足していて
もぅ胃が痛いとかそういうレベルじゃない。

そこに駆けつけてくれたのが

ラト君です!

ラトォ~ッ!!!

待合室から元気に他の子たちに
吠えまくっ挨拶してる声を聞いた時、

『 ラトの血を貰えたら元気になれそう... 』
と、ラトが救世主に思えました。

いえ、思いました。

そして、肝心のクロスマッチ。
無事にOKとなり、
輸血していただきました。

本当にありがとう。


あの時、
諦めかけた私を叱りたい。

色々な山があって
色々な治療の選択があって、
悩んで悩んで悩んで

出した答えが
正解かもわからないまま悩み続け

それでも今、
スーは嘘のように食欲を取り戻し、
その目は力強く輝いてます。


大好きなお散歩も
いそいそと出かけてくれます。

毎日の営みを
ノンビリと穏やかに過ごせている。

その目が輝いている限り
スーが生きることを謳歌できるよう
私たちは精一杯支えていかねば、と。

そう気持ちをあらたにしています。

そして!!

久々に行けたのです。
大好きな場所に家族みんなで。

ラトのおかげだよ。ありがとう。

ここにくるまで
輸血をしてくれたジョジョとアビーちゃんも。
ありがとう。

支えてくれてる友人達にも。
ありがとう。

弾丸 湯河原!のお話に続く。

にほんブログ村 犬ブログ ウィペットへ にほんブログ村 子育てブログ 2011年4月~12年3月生まれの子へ

スーちゃん、いいね♫で
ポチっと!していただけると励みになります(๑˃̵ᴗ˂̵)و♪

スーの今

2018年06月28日 14:06

昨年の夏、スーの癌が見つかった時、
その病状は「生存中央値2ヶ月」と言われる状態だったそうです。

早い子で3週間、
真ん中の子で
2ヶ月しか生きていない

生存中央値、2ヶ月だったそうです。

あれから、10ヶ月がたちました。

癌だけでなく
膀胱癒着の血尿もかかえたまま
10ヶ月が経ちました。

にほんブログ村 犬ブログ ウィペットへ にほんブログ村 子育てブログ 2011年4月~12年3月生まれの子へ

スーちゃんが笑顔でいれますように!で
ポチっと!していただけると励みになります(๑˃̵ᴗ˂̵)و♪



今月の初め。
ジョジョスの誕生日の頃、
主治医から初めて、
スーの残された時間について
話がありました。

膀胱付近のリンパに転移した腫瘍は
5.7㎝になっていました。


食欲も維持できて、
病状が進行しなかったという前提で
8、9月が乗り越えられるかどうか。

命を諦めない主治医が
初めて口にした「終わりの話」でした。

命を諦めない先生だから
沢山の奇跡をおこされてて
スーだって、もうデータのない領域まで
来てくれた、これももう
十分奇跡なのかもしれません。

これまで頑張って何度も何度も
山を乗り越えてきてくれた
スーちゃんですが、

あの話があった後に
2回も輸血する事態となり、
食欲も落ちてゆき、
今は高カロリーな流動食で
なんとか薬を飲んでもらう感じです。



とにかく現状維持で、
夏を乗り切ってもらおう。

乗り切れたら、
また新しい可能性が始まるから。
そう腹をくくった矢先に
立て続けに状況が悪化し始めました。

そして、2日前から、
血尿も再発してしまいました。

先生方は『まだ頑張れます』って
言ってくれています。

『 まだまだ頑張れます 』って。

たしかに、こんな状況ではあるけど
血液検査は問題なくて
スーの目もキラキラと澄んで
表情もとても穏やか。


お腹のエコーの結果と、
スーの状況が一致しない、と
主治医も首をかしげたりします。

でもね、
そうは言っても私たちの目には
十分スーちゃんは弱っているわけです。

癌って、もっともっと弱っている子達が
沢山いるってことなんでしょうね。

それって、どこまで蝕まれて
どこまで我慢させて、
どこまで無理させるってことなのかな、
と考えてしまいます。

もう私たちは、
あの子に『 がんばろうね 』って
声はかけられません。

この1ヶ月、私は
とてつもない
悲しみを抱えたまま
毎日を過ごしていました。

生まれて初めて絶望したし
生まれて初めて心が砕けたし
心からの弱音が口をついて出てきました。

夫が白血病の宣告をされた日々より
私にとっては苦しい日々です。

夫の時は、奇跡を信じていたし
絶対治るって根拠なく確信していたけど

今のスーちゃんは、
もうその先を歩いてしまっている。


私たちが連れ戻すことが出来ないところまで
スーちゃんはトコトコトコトコ
進んでしまいました。

たった10歳なのにね。


認めたくないけど
まだ諦めてはいないけど
私たちの勝手な頑なさで
この先の日々、スーを苦しめてしまうことが
ないように、と思っています。

そうはいっても、
この前の記事でも書きましたが
目の前のスーは、
毎日すごく生きています。


だから、病気で苦しんでる
可哀想な子、ではないんですよ。


気が狂いそうな
悲しみに襲われることもありますが

悲しみは、今は、
胸の奥にぐっと押し込めて
毎日、強い心で過ごそうと思っています。

だって、もしも私がスーちゃんだったら
家族には笑っていて欲しいから。
大好きな人たちの笑顔に囲まれていたいから。

だから、
笑顔で見守る、
見送れる強さを持たなくては、
と自分を叱咤激励する日々です。

ジョジョスーをむかえ、
ブログを始め、そろそろ10年。

沢山の人があたたかくジョジョスーを
見守ってくださいました。


だから、ご心配をおかけしている皆様に
きちんとご報告しようと思い至りましたが
こういう話は、聞くのも辛いことと思います。

でも、それも含めて犬と暮らすこと。

その辛さも抱きしめつつ
私たちはジョジョスーとの時間を
1つでも多くの温かい思い出で
振り返えれるように
過ごしていきたいと思います。



毎日毎日、

今日、そして明日と
スーの「今」が少しでも楽しくあるよう
ジタバタとあがいております。

そして、この日々がフト気づいたら
『 あれ?あんなに泣いたのに、
あれからこんなに月日が経ってるね』と
スーの頭をなでなでしながら
笑って話せる未来に続くことを願っています。


にほんブログ村 犬ブログ ウィペットへ にほんブログ村 子育てブログ 2011年4月~12年3月生まれの子へ

スーちゃんが笑顔でいれますように!で
ポチっと!していただけると励みになります(๑˃̵ᴗ˂̵)و♪


最新記事