初!母の日

2017年05月15日 22:30

2017年5月14日 日曜日。
世間では、すなわちそれを
母の日と呼ぶのです。

産まれて初めて
母の日を本格的に祝ってもらいました。
えぇー!初めて?

はい。初めてです✨
( きっぱり )

嬉しいので、備忘録ね!

にほんブログ村 犬ブログ ウィペットへ にほんブログ村 子育てブログ 2011年4月~12年3月生まれの子へ
ポチっと!していただけると励みになります♪


お祝い事大好きSOちゃん。
何週間も前から指折り数えて
この日を待っていました。

「内緒」とか無理ね。

幼稚園の母の日制作物。
年長さんは、チューリップを
縫ってくれた布巾とカード。

勿体なくて、つかえませーん。

さらには、SOと旦那様で
いそいそ用意したくれた

お手紙と子供の写真。
よく撮れてるじゃないの!
↑親バカ

夕飯はキッキン go です。

鍋で炊いた
トリュフ香るバターライス。
( Instagramで感化されたらしい )

あとは

鴨のオレンジソースとか
ビシソワーズとか。

朝から大忙しで
包丁研ぐ余力がなかったらしく
鴨分厚いし。

SOが産まれて6回目の母の日にして
すごく「母の日」だった日曜日。

これまではSOが幼稚園で
プレゼンを作ってきてくれることはあれど
ここまでちゃんと母の日はありませんでした。

でもね。

正直、私が1番注目したい記念日は
母の日だったのです。

だってですよ、
『 私、この日をねらって頑張って産まれました!』
って、訳ではないは誕生日。

結婚記念日~。
って、まぁ籍を入れたのが
たまたまその日で、そもそも入籍日と
挙式日と披露宴日がある我が家は
どれが結婚記念日か微妙なまま早10年。
あっ、今年はスイートテンだ!
(↑さりげなく夫にリマインド)

ホワイトデー。って存在感薄いうえに、
なんかマーケティング戦略に
踊らされてる感じがしてしまうのは
私だけでしょうか。

クリスマスおめでとう!って
キリスト様のお祝いだし。

とかとかとかとかで、
色々記念日はあるわけですけど、
『 私、頑張ってますよ(•̀ᴗ•́)و ̑̑』な
記念日って母の日くらいなのですよ。

そして、私、実際 頑張ってるのですよ(•̀ᴗ•́)و ̑̑
母になって、この5年あまり。



あー、じんわりと嬉しいなぁ。
家族にありがとうと言ってもらって。


もうね、若くないから
育児色々吸い取られてる日々だけど
お母さん、この先もずっとずーっと、
『ありがとう』って言ってもらえるように
全力でがんばりまーす( *• ̀ω•́ )b

にほんブログ村 犬ブログ ウィペットへ にほんブログ村 子育てブログ 2011年4月~12年3月生まれの子へ
ポチっと!していただけると励みになります♪

SOがあまりに張り切って
母の日をしてくれたので

この夜、夜なべして
上履き入れを作り直りました。

スクスクスクスク成長した結果

幼稚園規定のサイズ(右)に上履きが入らなくなり。

毎回、持ち帰るたびに
「100円でビニール袋にトマト詰め放題」みたく
溢れかえってた上履き達。

ついには『 先生が入れてくれた』と
先生のお手を煩わせるに至ったため
プロに頼んで作り直してもらう予定でした。

が。
お母さん、SOが喜んでくれるから
夜なべして作っちゃったよ!

母の日で、家事をせずに楽させてもらった分、
というか、それ以上の労力を
ここで消耗したのであります。
でもいーのいーの。SOちゃんが喜んでくれたから!


お友達といっぱい遊んで砂まみれの園庭履を
入れて帰ってくるんだよ!
スポンサーサイト

5歳の今

2017年05月07日 21:47

娘のお弁当箱がとうとう2段になりました。

ちょっとしたOL並みだ。

この夏用に買い足した洋服は
ついに140㎝。

あと10㎝でおばあちゃんと同じサイズ。

予想を上回る衝撃的な成長っぷりを
見せております。

いつの間にか、幼児の柔らかい爪から
大人のしっかりした爪になりました。


弟が可愛くて可愛くてしかたがなくて
すっかり「お姉ちゃん」をしています。

娘が1番好きだった絵本が
Keiも一番のお気に入りで
何度も何度も読んであげています。

赤ちゃん返りすることもなく
一度も弟を疎むこともなく

誰よりも弟を溺愛しています。

とはいえ、まだ娘も子ども。

ゴールデンウィーク最後の今日。
『 お母さんと2人でお出かけしたい』

なーんて可愛いことをいうので
久しぶりに2人でノンビリ過ごしました。


ランチをして、遊んで、
弟の買い物や、スーパーの買い物、
大人の用事にも普通に付き合ってくれている…

帰路につく時、
『 あぁ、楽しかったね。』という言葉が
自然に口をついて出てきました。
2人のお出かけがとっても楽で
本当に楽しい年頃になりました。

書きたいことが沢山ありすぎて
話が溜まりすぎな今日この頃ですが、
残しておきたい五歳の「今」の長女の日々。

あっという間に少女に
片足つっこんできている我が娘。

色々寂しくなってしまうけど
色んなことを卒業していくのも
色んな変化があるのも
『成長の喜びとして明るくとらえなさい』と
旦那様に言われているので、
「幼児の可愛さあれこれ」は、
『これからは弟で満喫しよう( *• ̀ω•́ )b グッ☆』
と思っている母なのであります。



まだまだ一緒にいっぱい遊ぼうね。

ゴールデンウィーク最終日。

ジョジョにスイカを見せびらかしながら
特別なお出かけではなく、日々の小さなお話を
綴って締めくくり。
この後、ちゃんとスイカあげましたとも!

にほんブログ村 犬ブログ ウィペットへ にほんブログ村 子育てブログ 2011年4月~12年3月生まれの子へ
ポチっと!していただけると励みになります♪

そして2年。

2017年03月14日 20:37

早朝。

目覚めるやいなや、
一年分の出席カードを振り返るSOちゃん。
20170314-1.jpg

昨日は
年中さん最後の登園日でした。

にほんブログ村 犬ブログ ウィペットへ にほんブログ村 子育てブログ 2011年4月~12年3月生まれの子へ
ポチっと!していただけると励みになります♪

SOの入園、夫の闘病で始まった年少さん。
幼稚園1年目は無我夢中のうちに
終わって行きました。

そして、迎えた2年目

年中さんの1年は
母子ともにクラスメイトに恵まれ
穏やかに楽しい園生活を過ごすことができました。

二人のクラス担任からのメッセージカードには

『 たいようのようなえがおの SOちゃんが みんなだいすきです 』

『いつでもえがおのこころで たくさんのことを がんばりました。
つよいこころのSOちゃん、すてきです。 』

と、それぞれに綴っていただいてました。

20170314-5.jpg

そうか。
SOの1年は「笑顔」だったのか。

私の見えぬところでも
笑顔いっぱいな1年だったんだろうな、と
改めてホッとしました。

年長さん。新しいクラス。
女の子も、この年頃になると
早くも人間関係が複雑になってくるようです。

不安な要素も多々ありながら、
穏やかな海でもあっても
大荒れの海でもあっても
悠々と波をのりこえ
進んでいってくれればと思うばかりです。

と、上から目線で綴ってみるも
見ててハラハラしてしまうような
お友達とのやりとりも、
当の本人は飄々と受け流してたりするので、
SOは私なんかより
よっぽど強い心の持ち主なのかもしれません。

でも。
大人びたことを言うようになっても
私にとってはまだまだ可愛い5歳児。

いつまでも、何歳になっても
守ってあげたいと思ってしまう親子心。

幼稚園で迎える新たな社会。
そんな新しい海に飛び込んで、
どんどん泳ぎ進んでくれればいい。

そして、
母という岸からどんどん離れて行っても
辛いことがあったら
いつでも戻ってこれる港であろう、と
思う母なのであります。

年中さんもよく頑張りました。
お母さんも楽しい1年でした。

春休み、いっぱい遊ぼうね。

にほんブログ村 犬ブログ ウィペットへ にほんブログ村 子育てブログ 2011年4月~12年3月生まれの子へ
ポチっと!していただけると励みになります♪

とうことで春休み初日。
キッザニアに行ってきましたよ。さっそく。
20170314-4.jpg

20170314-3.jpg

Kei君はおばあちゃんとお留守番。
20170314-2.jpg

7時過ぎにSOと家を出て、
途中退場して15時半に帰宅。

お留守番の間、Kei
ずっとニコニコご機嫌さんだったそうです。

そして、18時にグイグイおっぱいを飲んで
グーグーと就寝。

神様のご褒美みないたKeiくん。

あまりに良い子すぎるので、
結果、周りの人間に大いに可愛がられて
かまってもらえるという現象を巻き起こしている
なかなかのやり手です。

お誕生日おめでとう

2017年02月10日 20:05

昨日は旦那さまのお誕生日でした。


折しも、我が家。

SOちゃん→突然のおたふく。
旦那さま→連日多忙。
朝6時半に家を出て千葉までお仕事な日々。

なので、もはやお祝いは無理か・・と
断念しかけましたが、というか
看病生活の疲れで心が折れかけましたが
簡単ながら、なんとかお祝いできました。
パチパチー



これまで、記念日って
「なんとなく」でした。気持ちの上で。

でも、今はキチンとお祝いしたいな、と
思うようになりました。

豪華なご飯とか、派手な演出とか
そういうことではなく
ちゃんと向き合って
気持ちの上できちんと祝福したいと。


自分の誕生日以上に全力で祝福するSOちゃん@おたふく外出禁止 最終日

そうしないと
忘れてしまいそうな気がするのです。

お誕生日が来て、
歳を重ねることができてありがとう。
産んでくれてありがとう。
今日まで生きられてありがとう。

そんな「ありがとう」を。


数週間前から作りためていたお誕生日プレゼントの工作色々。

そんな「ありがとう」に感謝する日。
それが年に1度しかない
お誕生日なような気がするのです。

去年のお誕生日は、
旦那さま再々入院していました。

今年の誕生日は
無事に家族で迎えられました。

しかも

こんなに可愛い家族まで増えて。

自分の誕生日を祝ってもらうのより
大事な人の誕生日を祝えることの方が
幸せだと思う今日この頃。


歌って踊って、全身全霊でお誕生日をおおいに盛り上げるSOちゃん。

今、牛歩のペースで読んでいる本。


長寿社会をどう生きて行くのか的な、
わりとありそうでなかった視点が面白い本。

長寿が、不幸や不安の種ではなく
一緒に楽しく長生きできたら、
そんな幸せなことはない、

素晴らしい恩恵になりうると思うのです。

仲良く、人生ずっと楽しく、一緒に長生き。
そんな家族になれたらいいな。
この先も、これからも。

お誕生日おめでとう。

にほんブログ村 犬ブログ ウィペットへ にほんブログ村 子育てブログ 2011年4月~12年3月生まれの子へ
おめでとう!で
ポチっと!していただけると励みになります♪

乳幼児育児の日々。再び

2016年12月14日 23:02

沐浴大好きなKei君。

いまだ洗面器サイズです。

沐浴好きすぎて、
お風呂にいれる → 泣き止む

お風呂から出す → 泣きだす

風呂好き男子な模様です。

にほんブログ村 犬ブログ ウィペットへ にほんブログ村 子育てブログ 2011年4月~12年3月生まれの子へ
ポチっと!していただけると励みになります♪


そんな新生児との日々は、
もっかこんな感じ。7日間。↓
20161213.jpg
以前に見たWEBサイトを参考に私バージョンを作ってみました。

は授乳した時間。
だいたい、2時間半起きで、9回~10回/日。

授乳は最低、8回/日 が推奨なので
一般的な回数だと思います。

1度にかかる授乳の時間は約40分。

つまりは
1日に6時間ほどの拘束時間。

この間は母乳であっても
哺乳瓶であっても、基本的には
身体ごと開けなくてはいけない
何もできない時間です。

母親の日々は
圧倒的に時間がないにもかかわらず
超暇な時間を過ごさねばならないという
矛盾&葛藤(苦笑)

メール返したりTV見たり、ブログを書くくらい。

授乳と授乳の
合間の時間は長くても2時間弱。

Keiが良い塩梅に寝てくれれば・・・


この2時間の間に
怒涛のごとく食事の支度やSOの相手、
掃除や、ジョジョスのお世話
などなど突っ込むわけですが
そうは問屋がおろしませぬ。

泣き愚図るKei君を抱っこするだけで
1時間経過しちゃったねー…とか。
あるある。

あと、オムツ変えたり、沐浴したり、
あれやこれやと新生児のお世話。

SOもSOなりに世話をやいてくれている。

そんな時間の合間、合間に
私の食事とか睡眠とかお風呂とか
人としての最低限の営み
突っ込まなくてはいけないわけです。

出産以来、どんなに寝れても
睡眠時間はまとめて2時間くらいかなぁ。

母と同居なので
1人で子育てをしている方より
楽させてもらってるとは思います。

さらには。

Kei君、なぜか夜に
よくおしっこウンチをするのです。

1時間半ごとに
オムツ交換で起こされるわけです。


寝ぼけながらオムツ交換しようものなら
ウンチがKei の洋服についてしまったり
( → お着替えコース )
オムツがずれてシーツを汚してしまったり
( → ベッドシーツ交換コース )
なんてプチ惨事を招くはめになる。

そんな惨事を招かぬようやっと寝入った眠さを
気力で吹っ飛ばして
パッチリと目を覚まして
オムツ交換しなきゃならないわけです。

つまり、1時間半ごとの細切れ睡眠を
数回繰り返して朝を迎える、なんてことが
日常茶飯事。

夜中の1番眠い時間帯によく起きる小さな悪魔

あまりの眠さに、今夜は
添い寝で母乳、寝ながら授乳で楽しよう!

と姑息なことを考え、
泣くたびに1時間起きの授乳でしのいでたら
母乳飲ませすぎで吐いてたり(*゚▽゚*)

ごめーん…以後気をつけます。

SOの時には、

「 1日の終わりを迎えてないのに
新しい1日が始まっている 」

という不思議な感覚に
とてつもない衝撃をうけましたが
さすがに2人目となると
「 あぁ、こんな感じだったね育児生活 」と
過酷な現実もフラットな気持ちで
受け入れられるわけです。

こんな毎日を
産後の身体がまだまだ
回復していないうちから
待ったなしでスタートするのが育児生活。

だから、Keiが泣いたら


「オムツかな?」とか
「抱っこしようかな?」とか、
お願いしなくてもやってもらえると
心から嬉しい。

ちょっとしたお手伝いが
切実に必要な時が、
まさにこの育児期なのです。

もちろん、1人目の時より
だいぶ余裕を持って過ごせています。

1日の大半を2人きりで
過ごしていたSOの時と違って
母やSO、家に常に誰か話し相手がいます。

正直、1人になりたい時もあるけど(笑)
泣き止まない赤子をひたすら1人で
あやす精神的ダメージがないのは
かなり救われていると思います。


哺乳瓶の時は母にバトンタッチしてもらうことも。

さらには。

退院時、乳幼児より免疫がないと言われていた
夫が帰宅し、色々と指導をうけながら
その後の過程をつつがなく過ごせた経緯から
衛生面ではかなりの
知識と経験が積まれました。

だからSOの時のように衛生面で
無意味にビクビクドキドキすることが
ありません。

そして、最後に。

一説によると
妊娠出産によるホルモンの変化により
母親の脳は、自分優先だった女性脳から
子ども優先の母性脳に変化するのだそうです。

母性脳は「感情」や「不安」を司る領域が
活性化する特徴があり、
特に1人目の赤ちゃんを妊娠出産した時に
顕著に見られる変化なのだとか。

1人目の時には、
とにかく不安なことばかりだったのが
2人目になると、わりとどうでもよくなるのも
経験値以外にもこうしたホルモンバランスの
変化が関係しているのでしょうか・・?

と、様々な角度から
自分の二人目育児のゆるっと感を
正当化してみたり。

色んな所にぽいっと放置され気味なKeiくん。

そんなゆるっとした心構えを持てるがゆえに


新生児の破壊的な可愛さを
心ゆくまで堪能する余裕があったりするわけです。

2人の寝顔が並ぶと可愛さも倍増。



私の心配をよそに、Keiがいることが
あまりにもすんなり馴染んだ
新しい我が家の形。

まだ始まったばかりですが、
ゆるゆるっと
日々を積み重ねていければいいなと思います。

授乳の間にダラダラと書いていたら
長くなってしまいました・・・

にほんブログ村 犬ブログ ウィペットへ にほんブログ村 子育てブログ 2011年4月~12年3月生まれの子へ
kazooがんばれ!で
ポチっと!していただけると励みになります♪



最新記事