2015年の終わりに

2015年12月31日 23:08

今年のネタを今年のうちにかくことは
さくっと諦めて、
2015年、皆様お世話になりました。

この1年だけ、
神様が早送りされてしまったのではないのか
と思うくらい、あまり記憶がありません。

随分前に部屋を片付けていた時のこと。
幼稚園から保護者への宿題、
「なつやすみのしおり」がでてきました。


読み返していたら、
あの日々が生々しく私の中に戻ってきて
無我夢中な自分がそこにいました。


でも、過ぎし日々を
どこか他人事のように振り返っている自分もいました。

しかし、先日。

ふと母に、

『 あの長い月日を、
1度も泣き言も言わずによく頑張ったと思うよ。』

と言われた時、初めて
『 あぁ、私はそんなだったのか。私も頑張ってたのかな。 』と
じわりと涙がこみあげました。

常に張り詰め、
泣き言をいう暇もなかっただけだと思うのですが。

知っていると、やっている。
そこには1億光年のひらきがある。と聞きます。

夫の発病は、私達夫婦にとって
人生の折り返し地点とも言える年の頃でした。
fc2blog_20151231213137d23.jpg
精一杯の笑顔で入院初日、タクシーの中で。

人生はいつか終わるとわかっていつつも、
その「 いつか 」が「 今日 」かもしれない、
「 いつか 」は遠い未来とは限らない。
という現実を直視せざるを得ない日々でした。

生きていてほしい、
皆で生きたい、
その思いを強く抱きつづける月日を経て

愚かにも『 もう○○歳だから 』と人生、
尻すぼみ的な考えがちになっていた私は
『 まだ○○歳なのに 』と
人生の捉え方を一変させられました。

例え何歳であっても
何かを始めるチャンスがあるというのは
素晴らしい幸運なんだ、と。

そして
値観が変わるというよりは
幸せの優先順位が明確になりました。

あの体験に意義があるならば
この先、残りの人生がある有り難さ、
今、この日々への感謝、
世界中の何よりも大切だと思える家族が生きていてくれること、
そして一緒に過ごせること、

そんな、小さなことに、
何よりの幸せを感じる心を
持てたことかもしれません。

そして、多くの人の優しさに
触れられたことかと思います。

この先、
いただいた優しさにキチンと感謝し
優しさのお返しをできる人間に
ならなくてはいけないと思います。

そんな中、
2015年、とりわけ感謝を伝えておきたい人がいます。

あの日々を駆け抜けてこれたのは

支えていただかた方々のお陰であり、
忍耐強く頑張ってくれた夫のお陰であり、

でも

なりよりSOにありがとう、と伝えたい。

いつか娘に、このありがとうをキチンと伝えるために
しっかり書き残しておきたいと思います。

そう。今日のブログはまだまた続くのです(笑)
ご興味ない方はまた次回。


にほんブログ村 犬ブログ ウィペットへ
にほんブログ村 子育てブログ 2011年4月~12年3月生まれの子へ

ポチッとしていただければ励みになります♪


3月。
夫の発病時、娘は幼稚園入園を間近に控え
バギーを卒業したばかりの3歳児でした。
20151231-3.jpg

片道1時間のお見舞い。
いつも誰かに付き添っていただくも
3歳児を連れての日々は楽ではありませんでした。


夫が食べれそう、飲めそう、と聞けば
少しでもカロリーをとってほしくて
コンビニの飲み物を毎日かいしめたり

20150815 429
帽子、パジャマ、腹巻、
アームウォーマー、靴下、
ハンドタオル、バスタオル、
毎日、交換が必要な衣類達

20150815 431
「洗濯済み用」と「洗い物用」
それぞれの圧縮袋に詰めて
パンパンの鞄を抱えて足を運んだり、

幼稚園にすすむと、
母親へのコミットメントが厳しく、
夫の看病、幼稚園、ジョジョの通院。

毎月、毎日、
スケジュールは真っ赤に埋め尽くされました。

夫専用に買った手帳。
夫の体調、薬の変更、差し入れた物、
食べれた物、会いに来てくれた方、etc
20151231-1.jpg

長年、父の看護をしていた母の勧めで
全部書き留めていました。

5ヶ月ちょっとの入院中、
お見舞いをお休みしたのは18日。

うち半分は仮退院の決定後、
大部屋にうつった後のことでした。

大部屋にうつった途端に
休みすぎなんですけど(笑)
夫が自分で買い出しや
洗濯に行けるようになったというのもあります。

何より、仮退院も決まり
夫の体調が安定して、毎日顔を見なくても
安心出来るようになったというのが大きかった。

実は入院して間もない頃。
怒ってはいけないと思いつつも
不安とプレッシャーに押しつぶされそうだった私は
とあることから、夫に感情的な態度をとってしまいました。

『 明日は来ませんから。 』

そう言い放って病室を後にした次の日。
抗がん剤の副作用で夫の髪がごそっと抜けました。

さすがに、病室に駆け付けた私が見たのは
闘病中の夫の姿でした。
それは、夫が今直面している厳しい現実をまざまざと
つきつけられた出来事でした。

それから、夫の容態は日々変わり続け
怖くて、お見舞いを休めなかったのです。
我ながら、よく通えたよな、と思います(苦笑)

そして、
そんな日々に付き合ってくれていたのが、
まだたった3歳だったSOなのです。

SOが毎日楽しく幼稚園に行ってくれたこと。

父不在の日々を、普通に過ごしてくれたこと。

そして、お母さんだいすき!と
いつも沢山言って、私を和ませてくれたこと。
20151231-2.jpg

それらに支えられて、
母はへこたれずにいられたんだと思います。
夫も1日も早く退院しよう、と頑張れたといいます。

病室にSOの写真は飾りませんでした。

見ると泣いてしまうから、と(笑)

友人が作ってくれた
SOの似顔絵Tシャツを
夫が病室に飾れるようになったのは、
退院の半月ほど前になった頃だったと思います。

誰も、お父さんがいつ帰れるのか言わなかった。
言えなかった。

SOも、1度もお父さんはいつ帰るの?と聞かなかった。


ガラス越しにしか会えぬ日々の中で
お父さんがいなくても平気なのかな?と
思ったことすらありました。

でも、入院から5ヶ月。
仮退院が決まって、ついに退院が見えてきた時、

『 もうすぐおうちに帰れるからね 』と
夫が待ちきれずにSOに伝えました。

その日を境に
『 お父さんはあといくつ寝たら帰ってるの?』
それまでの日々が嘘のように、
連日私に尋ねてくるようになりました。

そうして、仮退院を終えた夜のこと。

仮退院は、いきなり日常に戻るのではなく
数日間日常生活を体験し、
食べれなかった、眠れなかった、熱がでた、など
本退院にむけて宿題をあぶり出すための
試運転みたいな機会であります。

何の問題もなく仮退院を終え、
これなら本退院も近いね!と夫を病院に送り返しました。

SOも入院の時以来、初めて
夫を病院まで見送りにつれていきました。
それまでは、帰りのわからぬ父の見送りに
SOを付きあわせることは、酷すぎてできませんでした。


SOが行きの道中で寝てしまったので、
夫を病院の入口で降ろし、帰路にむけて出発した時、
娘が起きました。

『 おとうさんは?おとうさんはどこ?
お父さんにあいたい!!』

これまで、1度も駄々をこねたことのなかったSOが
ポロポロと大粒の涙をこぼして叫びはじめました。

『 おとう、おとうさんに、あ、あいたいっ!』

涙と鼻水でグシャグシャになりながら、
しゃくりあげる娘を抱きかかえて、車を戻し
夫のあとを追いかけました。

大泣きしながら、夫に抱きつく娘。
泣きすぎて、もはや「 おとうさん 」と
言うことも出来ませんでした。

退院が決まっていなかったら、
私達はとても見るに耐えられなかったと思います。

『 大丈夫。もうすぐ帰るからね。 』
何度も何度もSOに伝え、何度も何度もSOも頷き
断腸の思いで帰宅しました。

お父さんが入院していた5ヶ月。
小さな心なりに一生懸命がんばってくれていたSO。

20151231-4.jpg
その明るさ笑顔に、支え続けられ
寝顔を眺めながら、お母さんもっと強くなるからね。と
語りかける日々でした。

やがてSOが大人になった時、
この日々のことを、ぼんやりとしか
思い出すことができないかもしれないけど
本当にSOちゃんありがとう。
本当にありがとう。


私のブログ史上、
もっとも長文になったと思います(笑)

生々しい日々を書くことに抵抗がありつつも
忘れてしまう前に記しておこうと思いました。

最後までお読みいただいた方が
どれ程いるのかわかりませんが、
乱文にて申し訳ありません。

2015年を家族で過ごしたく、急いで書き上げました。

2015年が終わろうとしています。
やっと終わってくれるんだな、と
どこか安堵しています。

皆様、本年は本当に本当にお世話になりました。
皆様に支えられて、この1年を無事に乗り切ることができました。
夫もおかげさまで元気です。
お正月の会食三昧を楽しみに待っています(笑)

来年も、どうぞよろしくお願いいたします。
良いお年をお迎えください。


にほんブログ村 犬ブログ ウィペットへ
にほんブログ村 子育てブログ 2011年4月~12年3月生まれの子へ

ポチッとしていただければ励みになります♪
スポンサーサイト

ようこそ!ようこそ!そして普通の日々。

2015年12月29日 20:35

12月19日。

待ちわびた客人を迎えるべく
娘をパジャマ姿のまま放置し、準備に励む我が家。


大好きなファミリーの来訪を控え
大いにとっちらかったお部屋でも
SOちゃん、ご機嫌に遊んでます。しめしめ。

そして待ちわびた午後。

てか、ほぼ夜。
多摩川で客人たちと待ち合わせです。

客人たちも一緒にウィペッツを
少しだけ走らせ、皆で家に戻ると

客人はとっととお寛ぎです。

ようこそ!チェルブリ家!


それは旦那様入院中。
もう沼津に足をむけて寝られません。
てなくらいにお世話になったチェルブリ家。


歓待ムードでお待ちしておりました。

高級シャンパンで
かんぱーい!

うちが用意したんじゃないけどねっ。
↑チェルブリ家からのありがたき差し入れです。


12月半ばなら、旦那様の外出も解禁になっている時期だろう・・
と見切りでたてた計画でしたが、ドンピシャでした。


外出解禁の4日後。
晴れてお招きすることが出来たのです。

5ヶ月半の入院中。犬と子供。
まるっとお世話になり続けたのがチェルブリ家でした。

SOの夏休みの思い出、とか


私の健康、とか


ジョジョスの遊び et cetera・・

今、思い出してもしみじみしてしまうほど
必死な我が家を、実にさりげなく支え続けてくれたのです。

真面目な話、もし逆の立場だったら
私はとても真似できないと思う。
本当にありがとう。

旦那様も感謝の意を表して
自らお料理を用意です!

ジャガイモのグラタン。とか。


ローストビーフ!

のつもりだったステーキ的なもの。とか。
↑しかもウェルダン。

旦那様は、料理の出来におおいに不満なご様子でしたが
私的には美味しかったっですよ。
そして、とにかく気持ちは届いたよね(笑)


ゆうこさんも、ちゃちゃっと飲んで早々に
出来上がって寝ちゃったしね。
毎度ながら。

シャンパン。ビール。ビール。ワイン。ワイン。
で22時にはおやすみなさーい。
ぐー。

でも





さらに、この後レイチェルも加わったらしいので
『 眠れた 』とか言ってたけど
寛げたはずはあるまい。

翌日は犬も行ける動物園へ。

やたら寛いでる猿とかね。

我が家はもう見慣れた場所とはいえ

ちょっとちょっと、そこ。
熱心に嗅いでる先は単なる草むら。
ちょっとは動物に関心しめしてください。


動物達に興奮するチェルブリの反応が
やたら新鮮でした。

で、お昼!

旦那様の
「外食解禁になったら食べに行きたい店」リストに
入っていた

威南記海南鶏飯。
チキンライスー。わーいわーい。


急遽ベロゼッタ家もお誘いしてみんなでワイワイ。

私は正確にはチキンライスではなく
チキンヌードルにしました。

これまで食べたことない。ってくらいな
極細麺。

子供時代、叔母に強制的に道産子ラーメンを
食べさせ続けられた私は
「残りの人生、細麺だけを食べて過ごしたい派」

油の絡んだ極細麺とチキンにパクチー。
過去最高に美味しい組み合わせでした。

ど真ん中。

SOちゃんにあまり分けてあげなかった
大人気ない母親っぷりでした。

これからはチキンライスを食べるなら
ここに来る!メモ。

その後、突撃べロゼッタ家!を遂行し

テチートさん土産の美味しいお茶菓子をお呼ばれし


やりきった感満々で帰宅。

旦那様は発病以来、初めての
「普通のお出かけ」

みんなで外出して、ご飯を食べて
誰かと会って、お茶して、話して・・・

そんな普通に、じんわりと感動してました。

犬達をピカピカにシャンプーしてきてくれたり
風邪ひいてうつさないように気を付けてくれたり

チェルブリ家もべロゼッタ家も
伝えなくても、必要以上にいつも配慮してくれ、
気を使うことも少なくなかったと思います。

でも。
だからこそ、私も安心して心置きなく楽しむことがいつもできた。

そのすべてにありがとう。です。

そして!
年内に書き残しておきたい話題が
あと3つほどあるのですが
『 いーじゃんいーじゃん。年明けだって 』と
悪魔がささやいてます。

はたして私は悪魔に勝てるのだろか。

がんばれ、自分。


にほんブログ村 犬ブログ ウィペットへ
にほんブログ村 子育てブログ 2011年4月~12年3月生まれの子へ

ポチッとしていただければ励みになります♪

Xmasに願いをこめて

2015年12月23日 18:23

今年もドイツからシュトレンが届きました。
20151222-1.jpg

もう何回目だろう。
こんな時、ブログがあると便利なものだ、と
過去の記事をさかのぼってみました。

2009年 サンタさんがやってきた!

2011年 今年のサンタさん Part1
    今年のサンタさん Patt2

ブログに書いたり書かなかったり、
楽しいことすべてをブログに書くわけではなく
胸にほっこりしまっておきたいこともあったりします。

でも2009年以来、もう6回目のサンタさんです。


海を渡ってきた愉快な仲間達。


6年をへて
少しずつ仲間が増え、
我が家を可愛く彩るドイツからの贈り物。


ウィペット友達の
presto-prestoさんファミリーから届くサンタさんの贈り物に
師走の慌ただしいこの時期、凝り固まった心が
毎年、和み、ほぐされます。


旦那さま入院中。
味気ない病室に来てくれたiittalaのbird。


日の当たらない滅菌室から
窓際の大部屋にうつった時、

『 一番日当たりの良い場所に置いて
キラキラする姿を眺めたい 』

と、旦那さまが特等席に置いたのが
ドイツから海を渡りお見舞いに来てくれた
このbirdでした。

長い入院生活が終わり、
一緒に退院したこの子は、今も我が家の特等席にいます。

「物は物」だけど、
それを見ると思い出す景色や感情があります。

愉快な仲間達は、いつも温かな気持ちを
思い出させてくれる。
ジョジョスが繋いでくれた素敵な友情に
この時期、あらためて感謝します。

この2年。
父の入院・他界、ジョジョの怪我、夫の病気、
思えば随分重たいものがのしかかる日々でした。

『 神様なんていない 』
心からそう思った日々をへても
それでも思うのです。

家族の写真を整理しながら。
新しい年は皆にきっと良いことが沢山ある。


クリスマスとは、
枯れそうになっていたそんな希望を
また抱かせてくれる日です。

家族、友達、

大切な皆さま。

Merry Xmas✨


にほんブログ村 犬ブログ ウィペットへ
にほんブログ村 子育てブログ 2011年4月~12年3月生まれの子へ

ポチッとしていただければ励みになります♪



サラダ記念日

2015年12月18日 07:00

昨日は我が家のサラダ記念日でした。
20151217-1.jpg
文字通り『 サラダ記念日 』です。

12月15日。
ついに旦那さまの免疫抑制剤の投薬が終了しました。

生もの解禁。
外出解禁。


で、12月17日。
我が家の食卓に数か月ぶりにサラダが戻った記念日です。
20151217-1.jpg

生野菜が触れたものもダメでした。

肉類を扱う包丁とまな板はわけて、
食事の直前に食器を洗いなおして、
キッチンタオルは1回使ったらお洗濯して、
常に作りたての物を食卓に並べて、
飲み物は開封後24時間以内のペットボトルで、
缶飲料の場合は飲み口を洗って・・・etc

めまいがしそうなほどあった制約も
私にとっては慣れてしまえばなんてことなかったけど

あれを食べてはダメ、
これをしてはダメ、

ダメダメだらけの旦那様は本当によく辛抱してくれたと思うのです。
退院したら、喧嘩ばかりすると思ってました。

それダメって言われてるよね!?
と連呼しまくる日もあるに違いないと(笑)

そんな日を1回も迎えることなく
サラダ記念日を迎えました。
よく我慢したよね。花丸!

ちなみに、12月15日。
退院から約4か月。

待ちに待った色々解禁DAYは
かすかに思い浮かべていた想像とは違い、
雪解けの小川の水が、静かに流れ出されるがごとく
そっと私達の前にやってきました。

とても静かに、その日を迎えました。

夕飯のメニューは彼のリクエストにより
20151217-2.jpg
超ふつー(笑)
せめて卵は烏骨鶏にしたよっ

でも、数か月ぶりに口にしたものが
2品もあるのです。
20151217-2-1.jpg
こんな普通な食事ができるようになったんだよね。

お め で とっ !!

その他、我が家といえば
師走らしく、というより毎度ながら色々なことが起こっております。
20151217-3.jpg
珍しくジョジョが超不機嫌になったり。

20151217-4.jpg
そんなジョジョにスーが超びびったり。
2匹には悪いけど
そんな数年に1度の珍事に大爆笑だったり。

旦那さまにおいては、解禁になったからと言って
あれもこれもやっほーい!と
いきなり羽目を外せるわけでもなく
これからも少しずつリハビリに励み
この冬は静かに過ごし、春にむけて
無理せずゆっくり進んでいきたいなーと思います。

サラダ記念日 備忘録。


にほんブログ村 犬ブログ ウィペットへ
にほんブログ村 子育てブログ 2011年4月~12年3月生まれの子へ

ポチッとしていただければ励みになります♪

あれから2年

2015年12月04日 23:49

雲ひとつない初冬の空。


吹く風は冷たいけど散歩するうちに暑くなり
ジョジョスが息を切らし始めた冬晴れの1日。

父の命日でした。
あれから2年。

お父さんには悪いけど色々ありすぎて
感慨に浸る間もありません(笑)

一生懸命生きることに精一杯だから
またしばらくお父さんのことは思い出さないでしょう。
それでもいいと父は笑ってくれるでしょう。
だから、せめてここに
ちょこっと書き残しておきます。


あの日、半分赤ちゃんだったSOは
半分女の子になってきました。

今日は父のことをしんみり振り返るどころか
何年ぶりか思い出せないくらい久々に激怒していた夜でした。

我ながら驚くほど気持ちが高ぶっていたので
好きな物でクールダウン。

ジョジョの寝言に笑顔が戻り、
旦那さまと話して気持ちが落ち着き、
SOの寝顔で癒されて、いつもの自分に。
スーちゃんの出番はなし(笑)

生きていると色々ある。
人に優しく出来ない時も
そんな自分に嫌悪することも
怒ってもしょうがないのに
怒りを抑えられないことも。

そんな
ドロッとしたことも全部ふくめて
生きてるってことなんだと。

そして

明日から私はまた元気に生きていく。


みなさまも、楽しい週末を!


にほんブログ村 犬ブログ ウィペットへ
にほんブログ村 子育てブログ 2011年4月~12年3月生まれの子へ

ポチッとしていただければ励みになります♪




最新記事