山梨 桃源郷

2016年04月25日 15:38

よく晴れた旅行2日目。
20160425-01.jpg
コテージを後にして、
桃の花が咲き誇るであろう
山梨経由で東京に戻ります。

何も予定がないので、道中、本栖湖によってみます。
20160425-02.jpg
誰もいないし、何もない。

その透明度は、富士五湖随一とか。
20160425-03.jpg

日頃、人疲れする日々を過ごしがちなので
『 誰もいない、何もない、でも家族だけ 』って
すごい贅沢です。

20160425-04.jpg

ジョジョスはお手紙読むのに大忙し。
20160425-05.jpg

解放感に浸ったSOちゃんも歌って踊って。
20160425-06.jpg

のんびりと甲府入りをし、
20160425-07.jpg
久々に父のお墓参りを終えると
もうお昼でした。お昼ご飯です!

しかし。
お目当てのお店が月曜日ということで
ことごとく定休・・・

数年前、甲府駅北口にできた
甲斐夢小路に行ってみます。
20160425-08.jpg

石畳のうえに
明治~昭和初期の甲府城下町を再現したという
雰囲気ある建物が立ち並び、

何度か足を運んでいるんですが
どこかパッとせず、なんとも残念。

20160425-09.jpg

雰囲気もお店もそれぞれ悪くはないだけに
なんとも残念。

20160425-10.jpg

かろうじて営業していた
山梨の素材を使ったフレンチレストランに入ります。

20160425-11.jpg
甲州地鶏。

料理はどれも非常に美味しかったのですが
とにかく時間がかかる。平日でガラガラなのに。
残念。

20160425-12.jpg

結局、軽いランチになぜか2時間。

急ぐ旅行ではないものの、
予定外に時間をとられてしまったので
大急ぎでお目当ての場所にむかいます。

20160425-13.jpg
2年ぶり?4回目くらいな訪問です。

旦那さまが『 桃の花を見に行きたい 』と言って
始まった、この旅行の計画。

20160425-14.jpg
久しぶりに訪ねた金桜園は、
まさに桃源郷でした。

20160425-30.jpg

桃の株主制度なるものも始めたようで、
年々桃の樹が増え、
行くたびに見ごたえが増しています。
素晴らしい!

20160425-17.jpg
ちょうど、前日が桃のお祭り。

満開のタイミングにぴったりなうえに、
20160425-18.jpg
平日なのでとても空いていました。

20160425-19.jpg

桃と菜の花。
20160425-19-1.jpg
私達夫婦は、この雰囲気が大好きです。

SO、1歳の誕生日に描いてもらった肖像画は
20160425-20.jpg
この世界観を表現してもらいました。

暖かいお日様とのんびりした雰囲気に
終始ゆるみっぱなしのジョジョ。
20160425-21-0.jpg

さぁさぁ、立ってください!

せっかくだから肖像画みたいに
ポーズをとってみましょうよ!!
20160425-21.jpg

肖像画みたいに『 両脇に座ってくれる? 』とか

20160425-22.jpg

高度なことは期待しないけど

20160425-23.jpg

ただ並んで撮影したいだけなのに
デジイチ連写で
1枚もまともな写真が撮れない敗北感。

まぁ、一緒にとれればいいや的なノリだったので
良しとしましょう。

そして、飼い主の本気度を見事に見抜く
こしゃくな犬たち。

20160425-24.jpg

撮影はあきらめて
桃の花咲く散歩道をすすみます。
どんどん進みます。

20160425-26.jpg

どこまでも続く花の道。
色鮮やかな花道に、SOちゃんも
お尻ふりふり、歌えや踊れでご機嫌です。

20160425-27.jpg

最後に、記念撮影。
病気以来、写真嫌いな夫が
よく写真に写るようになったな、と思います。

20160425-15.jpg

『 数年前に来た場所にまた来れると
生き長らえたんだ、って感じがするんだ。
本当に来れてよかった。 』

十分に桃の花を満喫した頃、彼が言いました。

「 生きている 」と「 生き長らえてる 」

これは彼特有の感慨で
私には感じえなかったことだ、とはっとしました。

夫は、人にありがちな「病気自慢」をしません。

でも時々、彼の口から出る言葉に
私が感じることなく過ごしている
日々の何かに気づかされます。

20160425-28.jpg

夫の言葉を聞いた時、
私も来てよかったと思いました。

桃を見ること。どこかに泊まること。
それ以外は、何も予定は立てませんでした。

それでも、数時間のドライブ、泊りの旅行、
本当に行っていいのだろうか、と不安でした。

20160425-29.jpg

春というのは
それだけで、人を楽しませてくれるものです。

何も予定のない旅行だったけど
そのすべてがいちいち楽しかった。

来れて良かった、行けて良かった。

桃源郷旅行、おしまい。また来年!

にほんブログ村 犬ブログ ウィペットへ にほんブログ村 子育てブログ 2011年4月~12年3月生まれの子へ
ポチッとしていただければ励みになります♪
スポンサーサイト

休暇村 富士 ~ 少しダイヤモンド富士 ~

2016年04月20日 13:11

そして迎えた翌朝。
早朝5時、起床です。


早起きの理由は2つ。



ことのほか、効きのよい暖房が暑くて
わりと寝苦しかったのに加え



このチビちゃんに



安眠スペースを略奪されまくったから。

そして、理由2つめ!
これが早起きの1番の理由です。

田貫湖といえば、ダイヤモンド富士!
なのだそうです。



その貴重な朝日が見れるのは
4月20日とのことで、
この日はダイヤモンド富士には
10日程早かったのですが、

「富士山から登る朝日を見よう!」

と、珍しく旦那様がはりきっとりました。

すこぶる寝起きの良いSOちゃんを
容赦なくたたきおこして湖畔にむかいます。


ざーんねーん。

天気予報は晴れでしたが、
富士山はすっぽり雲の中。

そう。
「晴れ=富士山が見える」ではないのです。
山梨でも雲のかからない富士山を目にすることが
出来るのは、わりと少なかったりします。


日の出は諦めて、お散歩でもしましょうかねー。


ジョジョスーはクンクンに夢中。

珍しくジョジョが
『 帰るのいやー! 』と足を踏ん張り
帰宅を拒否るほど
楽しい匂いに溢れていたもようです。

で、そんなこんなしていると

おや?
富士山、ちょっと見えてきてない?


しかも、ちょうど日が昇ってきたみたい。


あー!ほらほら。
富士山の向こうから日が出てくるよ!

雲さん、あっちいけ。あっちいけ。
しっー!しっー!


ちょうど、日の出のタイミングで
雲がとぎれたのでした。


なんという運の良さ。
撮影を諦めて早々に帰った方々は
おしかったですよ。


SOちゃんも早朝散歩を楽しみ


旦那様が楽しみにしていた
富士山からの日の出も見れた。


何より、久々に家族の笑顔が外で溢れた。

思いきって来てみて良かったなぁ。

素晴らしい1日のスタートを迎えられたところで、
いよいよ、この旅行の1番の目的。
20160420.jpg

山梨、桃源郷にむかいます!
続く。

にほんブログ村 犬ブログ ウィペットへ にほんブログ村 子育てブログ 2011年4月~12年3月生まれの子へ
ポチッとしていただければ励みになります♪

休暇村 富士 ~バイキングとか~

2016年04月18日 11:20

旦那様、退院の報告もまだなのに、
我が家、旅行に行ってました。

20160417-1.jpg

それは旦那様の入院後半。

体調を崩してしまった私は、お見舞い、家事、
その他諸々放棄で、床にふせる日々でした。

そんな中、退院がきまるやいなや
いそいそと旅行の計画を立て始めた旦那様。

退院していきなり行けるの?と思いつつ
妻はそこに関与する気力、体力、ございません。

そうして迎えた、退院当日。

主治医に
『 夫が旅行に行くと言ってるんですけど 』
と、伝えてみると

りょっぉ、旅行ですかっ!?
ちょっと聞いてないです・・
聞かなかったことにしときましょうかね・・

やっぱり相談してない。するはずがない。
妻の予感は的中。


普段、クールな主治医の動揺っぷりに
大いなる不安を抱えつつ
いざ、旅行に出発です。プップー!← ちょっとやけくそ。

にほんブログ村 犬ブログ ウィペットへ にほんブログ村 子育てブログ 2011年4月~12年3月生まれの子へ
ポチッとしていただければ励みになります♪

向かった先は休暇村 富士
20160417-2.jpg

眼前には、山梨育ちの私ですら
見惚れてしまうような雄大な富士山。

その裾野にある田貫湖の傍らにたたずむ
ホテル&コテージです。

普段は、予約が取りにくいようなのですが
平日をからめたので運よく空きがありました。

20160417-2-1.jpg
東京より一足遅い春が、まだそこに居ました。

咲き誇る花々と、山間にこだまする
鳥たちの鳴き声。もう春爛漫!

20160417-4.jpg
宿泊先は、犬OKのコテージ。

旦那様の入院で春休みの旅行が中止に
なってしまってた我が家。
ささやかながらリベンジ旅行。

20160417-3
SOちゃん、ご機嫌です。

20160417-5.jpg
見て!子供用のスリッパもあるのよっ♪

20160417-6.jpg
見て!子供用の椅子もあるのよっ♪
↑あなたはそろそろ卒業のお年頃ですよ。

20160417-8.jpg
ロフトにある、単なる
はめ殺しの窓にすらいたく感動。
もう楽しくってしょうがありません。

『 SOちゃん、お母さんと一緒に
ジョジョスーのお散歩に行ってみない?
湖の周りはお花が綺麗だよ?

いや。絶っ対っ、いや!
SOちゃんお部屋から出たくありません。』

断固拒否されてしまいました。

お出かけ好きなのに
超インドアなSOちゃん。

大好きなキャンプに行っても
テントから出たがらない謎の習性をお持ちです。

20160417-9.jpg
ちぇっちぇっ。
じゃぁ、お母さんだけいってきますよー。
お父さんは休ませてあげるのよー。

20160417-10.jpg
道を渡れば、そこは田貫湖。

20160417-11.jpg
新しい匂いにスーちゃん、早くもウキウキです。

20160417-12.jpg
曇り空でも、十分に青い富士山と
桜たちは見ごたえがありましたよ。

20160417-13.jpg
キャンプも出来るみたいです。
気持ちよさそー。

20160417-14.jpg
お部屋に戻ると、スーは旦那様のお隣、
スーちゃんの定位置です。

家でも外でも一緒だなぁー、と
写真を撮っていると

20160417-15.jpg
はい。割り込み。
SOも撮れ、と。

最近、
『SOちゃんも撮って!』病が
発症したSOさん。『可愛い自分』を撮ってほしいのだそうです。
無邪気って羨ましい。

子供用(120cm~)の浴衣があったので
20160417-16.jpg
浴衣デビュー!

20160417-17.jpg
もうテンションあがりすぎて
どうしようもなくなってきました。

20160417-48.jpg
SOが知るはずもない
80年代アイドル風に、はいパチリ。
気がすんだかね。

せっかくだから3匹で。
20160417-18.jpg
誰一人としてカメラを見てくれませんけど。

相変わらず、清々しいくらいに
協調性がありません。

富士山を見ながら、お風呂に入った後は
お待ちかねの夕飯です。
20160417-50.jpg
本館でのバイキング。

旦那様いわく、
口コミの評価が非常に高いのだとか。

どれどれ。
20160417-21.jpg
駿河ならではのお刺身。

20160417-22.jpg
熱した石の上でジュージュー言ってる
富士宮焼きそば。

20160417-23.jpg
静岡おでん。

目の前で握られるお寿司。
目の前で揚げられる天麩羅。

駿河湾の幸や、旬の野菜、
作りたてを美味しくいただけます。

20160417-26.jpg
もちろん、デザートも豊富。

その他、地元の桜エビ、シラスを使ったお惣菜、
旬の野菜、隣県、山梨のほうとう・・・etc

色々ありすぎて写真は撮りきれませんでしたが
とにかく富士の恵みにあふれたバイキング。

口コミにたがわぬ素晴らしさでした!

そして。
我が家のテーブルには
品がないほどの
食べ物が並んでたので
写真は撮っておりません。

個人的に一番のお気に入りだったのは
20160417-24.jpg
甘海老。

濃厚な甘みと、肉厚な身。
20160417-25.jpg
10本くらい食べました。
ちなみに写真はおかわりしたお皿。
1皿目はこんな量ではない程いただきました。


富士山を臨むレストランでのバイキング。
20160417-27.jpg
お嬢ちゃまもすっかりご満悦です。

部屋に戻れば、忠犬のお出迎えです。
20160417-28.jpg
お出迎えというか、催促です。

20160417-29.jpg

食べ終わる頃にはすっかり山の夜。
1日目、楽しく無事終了です。

長くなったので、次に記事に続く!

にほんブログ村 犬ブログ ウィペットへ にほんブログ村 子育てブログ 2011年4月~12年3月生まれの子へ
ポチッとしていただければ励みになります♪

リビング学習椅子アップライト  - UPRIGHT -

2016年04月05日 22:55

日頃、ソファの上で我が物顔でに寝そべるジョジョスー。



とりわけ、ジョジョは
SOには決して場所を譲りません。

ジョジョの残りスペースにしか座れないことに
業を煮やしたSOちゃん。
ついに反撃に出ました。



『 ここはっ!
SOちゃんのっ!お部屋なの✨✨
↑ナイスアイディアに興奮冷めやらぬ。
これで!ジョジョは!ブロックッ!なの!』
↑ライバルは常にジョジョ。



それはそれは得意げです。
いつもながら、鼻の穴がまん丸です。

お部屋に愉快な仲間をはべらせ


確かにジョジョは入ってこないけど
自分も入れないことはどうでも良いようです。

ジョジョを支配下に置く
( 置いたつもりになる )ことに
意義があるのでしょう。



当のジョジョはといえば、
少し狭くなったことなど意にも介さず
相変わらず偉そうに
下々を見下ろしております。

さて、いまだジョジョに
敵わぬ4歳5ヶ月のSOちゃん。

ソファの座る場所はままならねど
ご飯の座る場所はちゃんとしましょうね、と
先日、ご飯の椅子を新調しました。

というお話。

にほんブログ村 犬ブログ ウィペットへ にほんブログ村 子育てブログ 2011年4月~12年3月生まれの子へ
ポチッとしていただければ励みになります♪

初代プーさんの椅子は甥っ子達のおさがり。


ローテーブルでも歩き食べすることなく
食事をしてくれてたので、
ダイニングテーブルがくるまで現役でした。

むしろ、子供が自分で座り降り出来て便利でした。

今は、夫の仕事スペースに場所をうつし、
時々夫と肩を並べてお絵描きしたりしております。


2代目は、実家からもらってきた椅子。


特にこだわりもなかったので。

しかーし、2年もたたないうちに

ネジが取れたり


ヒビがはいったり。

さすがにいかがなものか…と
娘の安全のために
買い換えることにいたしました。

「何でもいい。」と思っていた私でしたが
2代目の椅子を使いながら、
いくつか不自由に思うことがありました。

1・重くて娘が自分で動かせない
(イコール 娘が自力で上り下りもできない)

2・重いので大人が動かすのも大変。
( 19㎏になる娘を座らせた状態で)

いくつかといいつつ、
主に重いなんですけどね。

あと子供椅子って見た目も少々。

日々のことだからこそ
『 小さな面倒 』がひっかかるものなのです。
特に気ぜわしい子育て時代。

かくして、
新しい娘の椅子探しが始まりました。

1日で決まりました(笑)

リビング学習が主流という昨今。

おそらく我が家も
就学後も学習机はしばらく
与えないと思います。

おりしも最近、ダイニングテーブルで
読み書きすることが増えたSOちゃん。

その姿勢が
猫背気味なのも気になっていました。

よって、椅子探しのポイントは以下3つ。

● 学習椅子にもなること
● 正しい姿勢が保てること
● 長く使えること

この手の椅子で思い浮かぶのは
ストッケのトリップトラップ。

有名どころです。
個人的にも好きな椅子ですが、
やや重いのと、
座面が板なのが気になりました。

子供は気にしないのかもしれませんが
私は気になるのです。

デザインは気に入ってるけど
長く座るにはクッションが欲しくなる椅子さんたち。


そんな中、リビング学習で探すと
まず出てくるのが
E-tokoのリビング学習椅子。

これでいいかぁ・・と思った時、
見つけたのが
豊橋木工(株)のアップライトでした。


● ストッケ並のカラーバリエーション
● 上半身の負担を軽減しつつ正しい姿勢を維持
● 座面はクッション
● 18年保証

ほぼ、購入決定。
あとは座らせるのみ。

販売店舗が限られてたものの
幸い五反田のTOC内に取り扱いがありまして
早速翌日。くらいな勢いでお出かけです。

座らせた瞬間、

SOちゃんの背筋が
シャキッと伸びてる( 気がする )姿を見て購入確定。

これ以上、探すの面倒…という本心も少々。

椅子はウォールナット、座面カバーは
SOちゃんチョイスで紫の布地となりました。
あと洗い替え用に、ベージュが1枚。

私も座りましたが、
心なし背筋が伸びます。



足置きが16段階調節、
座面が14段階調節。
細やかな調節が可能です。
ネジグリップなので、工具不要。
調整もいたって楽。

足がブラブラしないことは、
姿勢においても、子供の落ち着きに置いても大事。
なんだとか。



絨毯の上では滑りもよく
椅子の重さ問題も解決しました。

18年保証とのことですが、
はたして娘は何歳まで
この椅子に座ってくれるのでしょうか。

いつの日か、この椅子を見るにつけ、


『 いつも美味しいご飯ありがと! 』
と言いながら、ニコニコと
ご飯を頬ばる幼いSOの姿や



『 おかあさん、だいすき!』
と言いながら、せっせせっせと
プレゼントのお手紙を
毎日したためてくれた姿を思い出し

年老いた母( 未来の自分 )は
涙する日がくるのでしょう。

間違いない。

にほんブログ村 犬ブログ ウィペットへ にほんブログ村 子育てブログ 2011年4月~12年3月生まれの子へ
ポチッとしていただければ励みになります♪


最新記事