最後の日

2016年05月31日 20:59

今日は「 ジョジョスー、2匹とも7歳 」最後の日です。

明日、一足先にスーは8歳になります。
20160531-1.jpg

その4日後に、ジョジョも8歳になります。
20160531-2.jpg
生まれた時からずっと一緒。

20160531-3.jpg
ちょっと悪いことをする時も

20160531-4.jpg
ちょっと不満げな時も

20160531-5.jpg
我が家に来たその日から、
ずっと見ていた「 いつも仲良し、なんでも一緒 」

それが当たり前ではないということを
今ではわかるようになりました。

微笑ましいその2匹のありように
弊害があることもわかっているけど

20160531-6.jpg
ジョジョスのそんな姿を
この先、ずっとずっと見続けていられたらいいなぁと思うのです。

20160531-7.jpg
明日は「 スーちゃん生まれてきてくれてありがとう 」の日。

今年はどんな「 ありがとう 」にしようかな。

にほんブログ村 犬ブログ ウィペットへ にほんブログ村 子育てブログ 2011年4月~12年3月生まれの子へ
ポチっと!していただけると励みになります♪
スポンサーサイト

スーちゃんの血尿 2 

2016年05月29日 15:27

楽しかった昨日。
「心地よい疲れ」は引き続き・・・で
20160529-1.jpg
口をあけて、しまりなく寝るスーちゃん。

楽しかった
20160529-2.jpg
あんなことや

20160529-5.jpg
こんなこと

20160529-4.jpg
ブログをさぼっている間に起きた
楽しい日々のことを書きたい衝動をぐっとこらえて

スー、血尿の後半です。

がんばれ、私っ。

にほんブログ村 犬ブログ ウィペットへ にほんブログ村 子育てブログ 2011年4月~12年3月生まれの子へ

血尿から、1ヶ月がたちました。
20160529-12.jpg
スーちゃん治って元気です!





で、終わりにしたい衝動をぐっとこらえて
がんばって思い出していきたいと思います。はい。
( ↑過ぎたことに執着しない性格ゆえか物忘れがはなはだしい )

20160529-14-1.jpg

自分のためにまとめてみました。
なっ、7回も病院に行ったのかっ。

でもスーちゃんは保険に入ってるから大丈夫。
落ち着け自分。


入院時、血尿が始まってから12日が経過していました。
<20160529-8.jpg

膀胱内にはかなりの血液がたまってしまっていたそうで
点滴をし、カテーテルを挿入し
たまった血液を出すこと( 膀胱洗浄 )から治療が始まりました。

20160529-8-1.jpg
赤い矢印部分がカテーテル。

カテーテルはもちろん、造影剤や
膀胱を空気で膨らませてのレントゲン、
あらゆる検査をおとなしくうけてくれた、と後に聞きました。

結果、麻酔は使わずにすんだそうです。

麻酔はケースバイケースで

● 暴れて危ない場合
● 初診でいきなり検査しなくてはならない場合
( ↑あらかじめ検査個所を絞る時間がないため
検査時間が長くなり、犬に負担をかけてしまう時 )

入院でじっくり事前診察の時間を持てたことも
良かったようです。

しかし
20160529-7.jpg
点滴の後は痣となり、
外陰部は数回のカテーテルの挿入で
やや腫れ気味に。ぐったりした様子で帰ってきた
スーちゃんをみて、うるっと来てしまいました。

20160529-9.jpg
日頃、態度のでかさで8.5キロという
小ささを感じさせないスーちゃんですが
退院直後は『 こんなに小さかったのか 』と
初めてスーちゃんのか細さを感じたものです。

よく頑張りました。

さて、治療の続き。

膀胱洗浄で古い血は出せたものの、
新しい血も若干出ていること、
膀胱内の粘膜が脆弱になっていることから
継続の治療が必要と判断され
入院は延長となり2泊3日となりました。

『 退院の日は、なるべく遅めにきてください。
その分、長く経過観察ができますので 』

と主治医に言われ、お迎えは夕方に。
先生方も必死。

20160529-13.jpg

当初疑われていた
細菌感染はしていませんでした。

入院中、出血個所と、出血原因を探るべく
徹底的に治療&検査を試みてくださったようで

消去法で、出血個所は「膀胱」だろうというところまで
特定していただきました。

しかし、確定診断をすべく
膀胱に内視鏡を挿入してみると
内視鏡が膀胱に入らないという事態が起こったそうです。

なんでも、膀胱の位置が通常より
骨盤側にずれてしまっていて、湾曲しているため
内視鏡がひっかかって挿入できなかったのだとか。

そして、このことが原因で炎症をおこし
出血していた可能性もあるとのことでした。

膀胱がずれている・・・ってさぁ・・

予想の斜め上から降ってきた見解を
やや受け止めきれない感もありつつも
あそこまで徹底的にやっていただいたなら・・という
ある種の諦めもつく感じにもなってきていました。

処方された薬は近所の病院とほぼ同じでしたが、
処方量がまったく違いました。
また、血管強化の薬もあわせて処方されました。

結果、退院時には、目視では
ほとんど血尿が確認できないほど
症状が改善されていました。

20160529-11.jpg

1週間後の検診で、カテーテル挿入などで
やや血尿が確認されたので薬は継続。

20160529-10.jpg

さらに1週間後の検診で、薬はやめて経過観察。

スーの体への負担を考えて
カテーテル挿入などは行われませんでした。
( 回数を重ねると膀胱の粘膜を傷つける
可能性もあるため )

薬をやめて、血尿が再発しなければ
一過性のものとみなし一件落着。

繰り返すようであれば、膀胱の位置異常を
さらに掘り下げて調べ、
必要とあれば手術などつっこんだ
治療ステージにすすめるということで。

手術となれば大がかりです。

消去法で、膀胱の位置異常以外は
疑わし原因はすべてクリアしてくださったとのことなので
あとは症状と治療の必要性を天秤にかけて
ジョジョの通院とあわせて経過観察をしていきましょう、と
なりました。

20160529-15.jpg

すっきり!
とはいかないけど、かなり色々とお聞きして
納得できましたので、しばし様子見をしたいなと思います。

「 確定診断・根治治療 」をモットーにしている
先生方も思いは同じようでしたが、
ひとまず、長く続いた血尿を止められただけでも
良かったです。

入院中。
とても大人しかったスーちゃん。
療養食はお口にあわず、普通のフードに変えていただいたら
バクバク食べてたというグルメなスーちゃん。

諦めと適応力で、ジョジョより
病院生活を落ち着いて過ごしてくれていたようではありました。
ガラスのハート ジョジョは入院中は
食事を一切口にしない。


しかし!

2泊3日の入院費用。
「 ニコニコ現金払い 」のみのかかりつけ医。
カードが使えればどれだけマイルになってることかっ!!
という不満はぐっと飲み込む。


退院当日は旦那さまがお迎えに行きました。

感動の再会の最中。
旦那さまは気づいてしまうのです。
現金が足りない、と。

覚悟はしてたけど予想を大きく上回った諭吉一族の旅立ち・・

旦那様の話をもとに想像してみます。

再会の喜びで、
1メートル級のジャンプで旦那様に必死に
飛びつき続けるスーちゃん。


『 あ、ごめんね。ちょっとお金おろしてくるから待っててね♪ 』

と再び病院に置き去りにして
立ち去る旦那さま。← 一転してスー呆然。

スーちゃんに
理解できるはずがない・・( ꒪꒫꒪ )



急いでお金を下ろしに行って帰ってくると
狂ったように鳴くわめくスーちゃんの声が
診療室にとどろきわたっていたそうです・・

そりゃそーだ。

20160529-6.jpg

最後の最後で、
無駄に可愛そうな思いをさせてしまいましたが
スーちゃん、元気になりました。
元気が一番!

にほんブログ村 犬ブログ ウィペットへ にほんブログ村 子育てブログ 2011年4月~12年3月生まれの子へ
元気になって良かったね!でポチっとしていただけると嬉しいです♪

休憩・・

2016年05月22日 22:47

さて。スーちゃん入院。

の続きですが
2日後には、退院後2度目となる検診もあるし
ここまでのびのびになったんだから、
その結果を待ってから
まとめて書くでもいいかなー…

なんて。モゴモゴ。


げんきなので あんしんしてね。by スー


お口半開きな子と、へそ天の子、
かわるがわる寝言を言いつつ
今夜もノホホンとした夜を過ごしとります。

話はガラッと変わるのですが、
ところで今夜。

今年の第1弾で山梨から送られてきた

カンカン娘
( とうもろこしの品種 。ちなみに激甘激旨! )と


ピーマンの肉詰めが、食卓に並びました。

この2つ。
それぞれに、1年前の家族のこと、
1年前のありがたい思い出、
それらを思い出させられるメニューでした。

偶然にも2つの料理が並び
( ↑お婆ちゃんセレクト )
忘れかけてたこと達を
リマインドされた気分でした。

『 皆さん、そんなこと興味ないだろーなー 』
なんて思いますので
詳細割愛しつつ、覚えておこうね、と
自分へのメモ的に書き書きと。

てか、この先ずっと、
焼きとうもろこしとピーマンの肉詰めを見る度に
思い出し続けるんだろうな、私。

というわけで、とりあえず
間があいてしまったので・・

ジョジョスは元気です。
という現状報告を簡単に。


ご飯はまだかと仲良く注目中 & 圧力かけ中。

入院後半と、
お一人様ジョジョのお話に続くっ!

にほんブログ村 犬ブログ ウィペットへ にほんブログ村 子育てブログ 2011年4月~12年3月生まれの子へ

スーちゃんの血尿~その1~

2016年05月15日 20:26

4月27日、早朝。

1階に下りていくと、いつもの通り
ジョジョスが夜のうちにトイレでおしっこをしていました。

スーのおしっこが、やや褐色をおびている。
ヘモグロビン尿に近い色でした。
20160515-1.jpg

若かりし頃には、走りすぎてヘモグロビン尿を
出すことも珍しくなかったのですが、
さすがに、もうそんな運動の仕方はしていません。

血尿だ。

トイレシーツを持って
すぐに、近くの獣医に連れて行きました。

にほんブログ村 犬ブログ ウィペットへ にほんブログ村 子育てブログ 2011年4月~12年3月生まれの子へ
ポチッとしていただければ励みになります♪


尿スティック検査でPH含め、特に異常は認められず。

膀胱炎を疑い、抗生剤が1週間分処方されました。

膀胱炎になる原因として

1、環境の変化などによるストレス
2、結石
3、細菌感染

20160515-2.jpg
1、は多分ない・・

2、の可能性は超音波検査でクリア。

3、の細菌感染。
腰を落として用を足すメスは、
細菌感染による膀胱炎は多いのだそうです。

20160515-7.jpg
日頃、こんな場所を散歩道としているジョジョス。

20160515-8.jpg
細菌感染の可能性が高いように思いました。

1週間、薬を飲ませて経過観察。

<< 薬 >>
ラリキシン250㎎ / トランサミン250mg

そして、翌日からGW。湯河原へ。
血尿は改善されないままでした。

薬を飲みきるのを待たず、
5月2日、東京に戻ったその日に
再度、近所の獣医に連れて行くことに。

前回はトレイシーツの尿で検査をしましたが
今回は、膀胱から直接尿を取って調べたいとのことで
トイレをさせることなく病院へ。

染色検査込の尿検査も異常なし。

膀胱、腎臓のエコーも異常なし。

出血場所も特定できず、とりあえず
抗生剤を変更することとなりました。

それでも症状が改善されない場合は、
全身麻酔で造影剤を入れ、腎臓以下、
レントゲン撮影を行い検査をするとのこと。

そこまで進むと、検査内容含め
事態がやや大事です。

20160515-5.jpg

今回も、1週間分の薬を処方されました。

<< 薬 >>
オフロキサシン100㎎ / トランサミン250mg / アドナ30mg

そして、4日がすぎ5月6日(金)
血尿は改善されるどころか
悪化しているように思えました。

獣医に電話をすると、
『 ここから先は週末、
院長がいる時に来てください。』との回答でした。

実は、この近所の病院。
院長の評判が良く、ジョジョのキシリトール事件の際にも
お世話になったので、折に触れ通っていたのですが
院長不在のことも多く、この点がひっかかっておりました。

そして、大きな検査に進み、
事態が長引くのであれば、
かかりつけ医にも相談してみようと
夫婦で相談していました。

膀胱炎は長期化することもあるらしく
長く薬を飲ませることに心配もありました。

そもそも、膀胱炎かどうか、
出血箇所はどこなのか、何もわかっていませんでした。

当初、通常の尿の中にやや鮮血、
または褐色気味な尿だったのが、
この頃には、真っ赤な尿にまで悪化していました。

もう「 経過観察 」という様子見をする気にはなれません。

20160515-4.jpg

話はそれますが、
血というのは、人でも犬でも
時間の経過とともに一種独特の臭いを発します。

スーの尻尾には常に血がこびりつくようになりました。

おしっこの度に外陰部を濡れタオルで清潔に
保つようにしていたのですが、ジワリジワリと
血が滲み出るようになっていたので
いたちごっこ。

ベッドやソファにも血痕が付くようになり、
尻尾にこびり付き、固まった血の臭いはもちろんですが、
何より衛生面が心配でした。

血尿が始まってから10日。

鮮血と臭い。
経過観察の日々は、視覚と嗅覚でスーの悪化を
体感するような日々でした。

血尿以外は問題なし。元気もあって食欲もりもり。
頻尿でもないし、痛みもない。
でも血尿だけは悪化。

血尿が出た時は、
最初だけ/ 最後だけ / 最初から最後まで。
と出方もひとつの診察目安になるそうなのですが
スーの場合、一貫性もなく。

事態が改善されないのをうけ
かかりつけ医に、ことの経緯を相談しました。

院内にいる内科専門の先生と
主治医とで診ていただくことに。

翌日、土曜日は内科医休診だったため、
かかりつけ医に行けたのは、翌々日、5月8日(日)でした。

母の日の食事会を
早めに失礼させていただき・・・

鎌倉に引っ越した旦那様の実家から
かかりつけ医に大移動。

15時に鎌倉を出て、
病院に着いたのは18時過ぎ。

この10日間、GWの予定の合間をぬいながら
何とか通院をしていたわけで
もろもろグッタリでしたが、
そんなことは言っていられないのです!

長い長い長い長い( ← しつこい ) 診察を終え・・・
スーちゃん、入院。チーン。

閉院間際に入院しても入院料1日分だよね・・
とケチなことは思わない。わけではないけど

20160515-6-2.jpg

日頃、健康なうえに手厚い保険に入ってる
孝行娘。

24時間体制で集中的な治療をすすめつつ
出血個所の特定、原因究明を行います!という全力体制な感じで
のぞんでくださる先生方の対応は
何にも代えがたいというものです。

不夜城のような病院で、
どんな状況でも徹底的に診療にあたってくださる
先生方には頭があがりません。

20160515-3.jpg

入院は1日か2日、経過次第とうことで
スーちゃんお預けと相成りました。

とにかく血が止まってくれますように!
がんばれ、スーちゃん!

長くなったので続く。

にほんブログ村 犬ブログ ウィペットへ にほんブログ村 子育てブログ 2011年4月~12年3月生まれの子へ
ポチッとしていただければ励みになります♪

2016年 我が家のGW

2016年05月12日 17:46

行楽とは縁遠かった2015年。

嵐のようでいて、
とても静かな1年が過ぎ、むかえた2016年。

我が家にとって
2年ぶりのゴールデンウィーック!です。

湯河原いってきました。

家族の荷造りをするのは!


あの空き家を清掃するのは!


遊びに行くのか疲れに行くのか
行く前から微妙な気持ちではありましたが
娘、犬、夫のために(←プライオリティ順)
気合いいれて行ってまいりました。

にほんブログ村 犬ブログ ウィペットへ にほんブログ村 子育てブログ 2011年4月~12年3月生まれの子へ
ポチッとしていただければ励みになります♪

湯河原初日!焼きました。


なぜか湯河原ではテーブルから
何かが降ってくると
希望的観測を繰り広げているジョジョ君。


そんな彼に見つめられながら、
煙を気にしなくてもいいくらいな空き家の中で
実に盛大に焼きまくりました。

2日目。

早朝、海岸に貝殻を拾いに。


SOちゃんのお土産用(←自分のため)です。

季節外れながら、SOちゃん的には
満足な収穫だったもようです。

お昼前に家を出て

初沼津港。


旦那様たっての希望でお寿司です。
昼から躊躇なく豪勢にいきました。

テラス犬OKの海鮮屋もあったので
今度はそこを試したいところ。

初沼津港。
食事&お買い物を思いのほか満喫し、
ほめ家と合流。

犬達の放牧にでかけます。


犬達はハッスルハッスル。


ジョジョはハッスルしすぎて
夜に足をひきずるほど走りまわってました。
おじちゃん、張り切りすぎです。



まぁ、翌日には治ったし、
よっぽど楽しかったんだね。



よかろう、よかろう。


SOはせっせとお花摘み。

大事に持って帰ると言い張ってた花束は、
ほめ家に帰る頃にはすっかり忘却の彼方。

犬たちを遊ばせた後は

鰻っ!!

旦那様の快気祝い、ということで
ほめ家にご馳走になってしまったのですが、
もう何回お祝いしてもらったか分からないくらい
ほめ家にはお世話になってるのですが、
むしろ我が家がご馳走するくらいで
ちょうどなんじゃないかって感じなのですが、
遠慮なくゴチになりました。

美味しかった!!

そして。
何やらグルメ旅の様相を呈してきました。

翌日は伊豆でジョジョスーのマッサージをお願いし、
夜、湯河原に帰宅。

夕飯は、懐かしい雰囲気漂う洋館へ
足を運んでみました。

前から気になっていた駅前の洋食屋、
カフェ ウェスト本店

ゆったりと落ち着いた店内に
親しみを感じるおばぁちゃま接客。

洋食屋=量のわりに値段が高い店、なイメージ 。

価格帯はどれも1500円~2000円なので、
そんなイメージで、各々注文を頼みます。

お腹ぺこぺこだし
張り切って食べよう!の意気込みです。

最初に来たのは、SOの海老グラタン。

大きなお皿に大盛り。予想外に多いですよ。

『 食べきれなかったら俺が食べるよ 』
と旦那様。

そうね、ここは頑張っていただきましょう。
よろしく頼むよ, GO。

次に来たのは旦那様のミックスフライ。


積まれすぎてて、何があるのかわからないですよ。

『 もうさ、これを3人でシェアで良かったよね 』と
コソコソ話す我が家のテーブルに
だめ押しのように運ばれてきた
わたしのカツカレー。

まさかの

太っ腹にもほどがあるボリューミーな洋食屋さんでした。

攻略法もわかったので、
次は2品だけで、また食べに行く!

そして、翌日は伊豆へ。プップー。
4月に転園してしまったSOのお友達、
Kちゃん親子と一緒に

アニマルキングダム!アゲイン。

以前は小動物の餌やりで
怖くて号泣してたSOちゃん。

今年はKちゃんの影響で
カピバラに餌やりする!と大張り切りです。

『 かぴちゃんって可愛いよね~』と盛り上がる車内。

1分前まで、母はSOの口から「かぴちゃん」なんて単語、
聞いたことありませんけど。

さぁ、ここで前回、すなわち2年前のことを
思い出してみましょう。
20140305_27.jpg
↑餌やりでマーラに追いかけまわされ
号泣するSOちゃん。

→ 2014年 伊豆旅行:河津桜~イチゴ狩より

恥ずかしげもない豹変っぷりに、
旦那様が言い放ちます。

『 本当にSOがカピバラに餌やりできたら、
お父さん何でも言うこと聞く! 』


動物園1番の盛り上がりスポットになってました。

父惨敗。
後日ラブリーパジャマをしこたま貢いでおりました。


麒麟の餌やりも出来るようになったし


怖がってた観覧車も乗れるようになった。


下で待つ「 待機組 」に手を降る余裕までみせてました。
THE お友達パワー。


フェイスペイントもして
気分はお祭り。

最後は、恐竜の森。

恐竜の声が響きわたる森を歩きすすみます。


ちなみにジョジョスは無関心。


前回より音量が小さくなったと思うのですが


SOちゃん、涙目(笑)


恐竜なんて一瞥もせず
お友達とそっこー駆け抜けて行きました。


大はしゃぎだったので、帰りの車で爆睡かと思いきや
伊東までの長い渋滞中も車内は大騒ぎ。

伊東で皆で夕飯を食べ、日帰り温泉に入り
湯河原に帰宅。

SOちゃん、久々にKちゃんに会えて良かったね。

そして、翌朝。のんびりと東京に戻ります。

置いてかれまい、とこういう時の行動は
素晴らしく早いうえに、
珍しく団体行動の輪を乱しません。

4泊5日の湯河原。
我が家史上、最長。


空気清浄機、掃除機持参!

掃除がとにかく大変で、
空き家のお泊まりは心配だったのですが。

帰京後の旦那様の検診結果も
すこぶるよろしく一安心。

ギッシリ遊んだ2016年GW。
マイペースに少しずつ
我が家の行楽が始動し始めました。

おしまい!

にほんブログ村 犬ブログ ウィペットへ にほんブログ村 子育てブログ 2011年4月~12年3月生まれの子へ
ポチッとしていただければ励みになります♪

おまけ

産まれて初めて、ソフトクリームを
『 おいしい! 』と言って食べた記念日。
↑甘い物嫌いな娘。


最新記事