忘れないために

2015年11月11日 11:06

思い立って模様替え&断捨離をしました。
20151111-5.jpg
片づけの過程で必ずやってくる
着手以前より相当散らかる状態。

あまりの惨状に久々に泣きそうになりました。
20151111-2.jpg
1人で終えられるのだろうか。

そんな不安を抱えながら、1部屋分の物を捨てていくので
思い出に浸る気分にもなれません。
20151111-3.jpg
使わない物は躊躇なく捨てる。

そんな時、久々に目にしました。
20151111-6.jpg
使うことはなかった夫の紙おむつ。
夫の入院時に用意したものでした。

これを見るたび、急所を突かれたような
不意打ちの感情に襲われます。

いまだ鼻の奥がツンと痛くなり
入院中の日々が走馬灯のように駆け巡る。

もし必要な時が来たらすぐ使えるように
お守り代わりに用意しておこう。
そう考えながら病院の売店に立っていたあの日の自分。

健康な40代男性には無縁の代物。
夫のためにそれを用意するなんて思いもしませんでした。

健康な人が出来ることが出来きなくなった時。
ただ目の前で起こる
あらゆる事に対処していくだけで必死でした。

驚きとか嘆きとか。感情と向き合うのは
それを受け止め、考える余裕がある時なんだと思いました。

2人に1人ががんにかかると言われている昨今。

血液のがんである白血病は
10万人に5、6人しか発症しません。

さらに病気のタイプが細分化され、
そこに年齢や発症時の健康状態といった
いくつもの条件が加わり、唯一無二の状況になります。

大学病院の教授をしても、
夫の状況での移植は症例数が少なく
予測しきれないところも多い、と言われました。

でも、予測的ないということは良いことでもある。

誰かが言っていました。
暗闇の中にいて初めて希望の光が見えるのだと。

結果、皆様ご存知のように
夫は病院史上最短の入院期間で退院しました。
今も元気。あの日々が嘘のように順調に回復しています。

この紙おむつを見ると、あの頃を思い出します。
そして、今の幸せを改めて噛みしめます。

幸福とは儚い。
しかし儚さを知らなければ幸福の価値に気づかない。

今がいかに感謝に満ちた日々なのか忘れないために
私はこの紙おむつだけは捨てられない。

だから夫が開けた引出し閉めないとか
脱いだ服をポイポイするとか
ちょっとゲームに夢中すぎとか
そんなことで怒らないこと。自分!


にほんブログ村 犬ブログ ウィペットへ
にほんブログ村 子育てブログ 2011年4月~12年3月生まれの子へ
↑ポチッとしていただければ励みになります♪
スポンサーサイト


コメント

  1. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

  2. ゆー | URL | -

    みんな元気!がやっぱり1番ですよね^ ^旦那様もジョジョくんも順調でなによりです^ ^
    kazooさんのブログを拝見していていつも思います。kazooさんの考えや想いに妻として、母・人間として尊敬してます。お会いしたことはありませんが、自分では勝手にkazooさん一家の友人感覚です。w ネット社会って怖いですね…すみません。
    これからも応援させてください♥️

  3. kazoo | URL | -

    Re:

    ◼︎ゆーさま

    ありがとうございます!
    実物はしょーもない人間ですが(笑)
    応援嬉しいです!!

  4. kazoo2008 | URL | -

    Re: Re:忘れないために

    ■鍵コメさま

    ありがとうございます!食べて寝る!で元気です。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://whippet2008.blog81.fc2.com/tb.php/1004-8710756e
この記事へのトラックバック


最新記事