スーちゃんの血尿~その1~

2016年05月15日 20:26

4月27日、早朝。

1階に下りていくと、いつもの通り
ジョジョスが夜のうちにトイレでおしっこをしていました。

スーのおしっこが、やや褐色をおびている。
ヘモグロビン尿に近い色でした。
20160515-1.jpg

若かりし頃には、走りすぎてヘモグロビン尿を
出すことも珍しくなかったのですが、
さすがに、もうそんな運動の仕方はしていません。

血尿だ。

トイレシーツを持って
すぐに、近くの獣医に連れて行きました。

にほんブログ村 犬ブログ ウィペットへ にほんブログ村 子育てブログ 2011年4月~12年3月生まれの子へ
ポチッとしていただければ励みになります♪


尿スティック検査でPH含め、特に異常は認められず。

膀胱炎を疑い、抗生剤が1週間分処方されました。

膀胱炎になる原因として

1、環境の変化などによるストレス
2、結石
3、細菌感染

20160515-2.jpg
1、は多分ない・・

2、の可能性は超音波検査でクリア。

3、の細菌感染。
腰を落として用を足すメスは、
細菌感染による膀胱炎は多いのだそうです。

20160515-7.jpg
日頃、こんな場所を散歩道としているジョジョス。

20160515-8.jpg
細菌感染の可能性が高いように思いました。

1週間、薬を飲ませて経過観察。

<< 薬 >>
ラリキシン250㎎ / トランサミン250mg

そして、翌日からGW。湯河原へ。
血尿は改善されないままでした。

薬を飲みきるのを待たず、
5月2日、東京に戻ったその日に
再度、近所の獣医に連れて行くことに。

前回はトレイシーツの尿で検査をしましたが
今回は、膀胱から直接尿を取って調べたいとのことで
トイレをさせることなく病院へ。

染色検査込の尿検査も異常なし。

膀胱、腎臓のエコーも異常なし。

出血場所も特定できず、とりあえず
抗生剤を変更することとなりました。

それでも症状が改善されない場合は、
全身麻酔で造影剤を入れ、腎臓以下、
レントゲン撮影を行い検査をするとのこと。

そこまで進むと、検査内容含め
事態がやや大事です。

20160515-5.jpg

今回も、1週間分の薬を処方されました。

<< 薬 >>
オフロキサシン100㎎ / トランサミン250mg / アドナ30mg

そして、4日がすぎ5月6日(金)
血尿は改善されるどころか
悪化しているように思えました。

獣医に電話をすると、
『 ここから先は週末、
院長がいる時に来てください。』との回答でした。

実は、この近所の病院。
院長の評判が良く、ジョジョのキシリトール事件の際にも
お世話になったので、折に触れ通っていたのですが
院長不在のことも多く、この点がひっかかっておりました。

そして、大きな検査に進み、
事態が長引くのであれば、
かかりつけ医にも相談してみようと
夫婦で相談していました。

膀胱炎は長期化することもあるらしく
長く薬を飲ませることに心配もありました。

そもそも、膀胱炎かどうか、
出血箇所はどこなのか、何もわかっていませんでした。

当初、通常の尿の中にやや鮮血、
または褐色気味な尿だったのが、
この頃には、真っ赤な尿にまで悪化していました。

もう「 経過観察 」という様子見をする気にはなれません。

20160515-4.jpg

話はそれますが、
血というのは、人でも犬でも
時間の経過とともに一種独特の臭いを発します。

スーの尻尾には常に血がこびりつくようになりました。

おしっこの度に外陰部を濡れタオルで清潔に
保つようにしていたのですが、ジワリジワリと
血が滲み出るようになっていたので
いたちごっこ。

ベッドやソファにも血痕が付くようになり、
尻尾にこびり付き、固まった血の臭いはもちろんですが、
何より衛生面が心配でした。

血尿が始まってから10日。

鮮血と臭い。
経過観察の日々は、視覚と嗅覚でスーの悪化を
体感するような日々でした。

血尿以外は問題なし。元気もあって食欲もりもり。
頻尿でもないし、痛みもない。
でも血尿だけは悪化。

血尿が出た時は、
最初だけ/ 最後だけ / 最初から最後まで。
と出方もひとつの診察目安になるそうなのですが
スーの場合、一貫性もなく。

事態が改善されないのをうけ
かかりつけ医に、ことの経緯を相談しました。

院内にいる内科専門の先生と
主治医とで診ていただくことに。

翌日、土曜日は内科医休診だったため、
かかりつけ医に行けたのは、翌々日、5月8日(日)でした。

母の日の食事会を
早めに失礼させていただき・・・

鎌倉に引っ越した旦那様の実家から
かかりつけ医に大移動。

15時に鎌倉を出て、
病院に着いたのは18時過ぎ。

この10日間、GWの予定の合間をぬいながら
何とか通院をしていたわけで
もろもろグッタリでしたが、
そんなことは言っていられないのです!

長い長い長い長い( ← しつこい ) 診察を終え・・・
スーちゃん、入院。チーン。

閉院間際に入院しても入院料1日分だよね・・
とケチなことは思わない。わけではないけど

20160515-6-2.jpg

日頃、健康なうえに手厚い保険に入ってる
孝行娘。

24時間体制で集中的な治療をすすめつつ
出血個所の特定、原因究明を行います!という全力体制な感じで
のぞんでくださる先生方の対応は
何にも代えがたいというものです。

不夜城のような病院で、
どんな状況でも徹底的に診療にあたってくださる
先生方には頭があがりません。

20160515-3.jpg

入院は1日か2日、経過次第とうことで
スーちゃんお預けと相成りました。

とにかく血が止まってくれますように!
がんばれ、スーちゃん!

長くなったので続く。

にほんブログ村 犬ブログ ウィペットへ にほんブログ村 子育てブログ 2011年4月~12年3月生まれの子へ
ポチッとしていただければ励みになります♪
スポンサーサイト


コメント

  1. チェリーまま | URL | -

    スーちゃん、大丈夫?!

    スーちゃんのこと心配ですね。とにかくお祈りしております。今週の土曜日はチェリーも心臓に雑音がするとのこと。近くの新しい病院で検査です。チェリーも年をとりました。

  2. kazoo2008 | URL | -

    Re: スーちゃん、大丈夫?!

    ■チャリーままさま

    心雑音、心配です。週末、お話しお聞きできるといいのですが。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://whippet2008.blog81.fc2.com/tb.php/1034-4c4ccf21
この記事へのトラックバック


最新記事