血尿の経緯:入院10日間に延長

2016年10月29日 23:09

スーの血尿入院から7日が経ちました。

入院中にも症状が悪化し続け
昨日、緊急手術となりました。

20161029-10.jpg

6ヵ月間。

原因が特定できないまま再発を繰り返し、
悩まされ続けた血尿も
やっと、完治の目途がたち始めました。多分。

詳しくは後にまとめますが
スーのような症例は専門医でも例を見たことがなく、
非常に特殊なケース( らしい )であり
半年もの間、原因特定に至らなかったのもそのためでした。

20161029-12.jpg

あまりにも長く、あまり色々なことがあり
私もどうまとめていいのか
やや 途方にくれてる感もあるのですが
ここまでの経過を時系列で備忘録として
残しておきたいと思います。

とにかく、スーちゃん頑張ってくれてありがとう!
20161029-11.jpg

にほんブログ村 犬ブログ ウィペットへ にほんブログ村 子育てブログ 2011年4月~12年3月生まれの子へ
ポチっと!していただけると励みになります♪

20161029-15.jpg
 4月
 
 近所の病院に行くも血尿止まらず。
 かかりつけ医にて薬処方。投薬にて止血。

 細菌感染なし。
 膀胱の位置異常を確認。

血尿の原因特定にいたらず。

20161029-16.jpg
 8月

 下痢の際に血尿を併発。投薬にて止血。
 細菌感染なし。

 膀胱璧が脆弱になってしまっているため
 免疫低下時に血尿を起こす可能性あり。

 免疫を高める薬の投薬を開始。
 脆弱になった膀胱の強化を試みる。

血尿の原因特定にいたらず。

20161029-17.jpg
 9月

 元気にも関わらず、血尿再発。
 自宅に薬を送ってもらい、投薬にて止血。

血尿の原因特定にいたらず。

とりあえず、薬で血尿はとまるものの
原因特定に至らないまま、頻繁な通院、
いたずらに過ぎていく日々、正直、セカンドオピニオンを
考え始めたころでした。

20161029-18.jpg
 10月

足のけがの通院中に血尿が再発。
10月19日のことでした。

以下、血尿が再発してから、入院にいたるまでの
5日間の経緯です。
生々しい画像が苦手な方は飛ばしてください。


< 1日目 >

 5mmほどの血痕が3回に1回程度出るようになる。
20161029-1.jpg

< 2日目 >
 血尿の頻度が増える。
20161029-2.jpg

20161029-3.jpg

< 3日目 >
 血塊( スイカの種サイズ )が出るようになる。
 頻尿傾向になる。散歩時 3回/30分 。
 ( 通常は1時間半で2、3回程度 )
20161029-4.jpg

20161029-5.jpg

20161029-6.jpg

この頃になると尻尾の裏、ソファやベッドにも血痕がつき始め、
ケアしないと生臭い匂いがし始めます。
20161029-9.jpg

< 4日目 >
 血塊が大きくなり、てんとう虫サイズになる。
 病院にて、膀胱洗浄。薬の変更。
20161029-7.jpg

< 5日目 >
 膀胱洗浄のために通院。そのまま入院。
20161029-8.jpg

投薬していたにも関わらず、
たった5日でおしっこが真っ赤か。

過去の血尿は、投薬後
すべて数日で止血されていました。

この5日間、3回通院もしましたが
素人目にも血尿の悪化が早く
今までの血尿と何かが違う感じはしました。

そして、大きな進捗がないまま半年が経過していました。

これから年を重ね、スーはますますシニアになっていくのに
原因不明の血尿を患っている状況。

1度の通院にかかる時間は約4時間。
10月にはいり、週2で通院する状況が続いていました。

もうね、愚痴みたいな感じになってしまいますが
頻繁な通院の疲れと、
先々のスーの身体の心配。悶々悶々。ですよ。

私達も思うところがあり、
土曜の診察終了後、主治医と率直に相談しました。

夫の仕事復帰などもあり
体力的にも時間的にも非常に厳しい中での通院で、
進捗のない通院を頻繁に続けるのは負担が大きいこと。

この先も同様な通院を続けるのは厳しく、
かつ、半年経過しているので大掛かりな治療になるなら
1日でも若く体力があるうちにお願いしたいこと。

時期的に、治療に専念できる期間がちょうど今であること。

当初の懸念どおり、膀胱の位置異常が原因であれば、
手術など、さらにすすんだ治療をしてもらえないのか、などなどなどなど
率直にお伝えしました。

主治医からの回答はこういう内容でした。

現時点で考えられる原因は・・

20161029-19.jpg

外科的治療に進むのは
内科的な要因が排除からにしてほしいとの
内科医からの意向もふまえつつ

主治医からは『 あと数日、少し検査の時間をもらえないか 』
との相談をうけたため、私達も先生方にお任せすることにしました。

そして、その翌日、日曜の診察で、
今回は尿道に傷があり出血していることが発覚。

ちなみに、血尿は尿の最初で血がでるか、
最後で出るか、などで尿道、膀胱、尿管の
どの部分から出血しているのかの目安になるそうですが

今回は、尿の最初に血がドカッとでる感じでしたので
尿道に傷がある、と聞いた時は腑に落ちました。

発見された傷が、刺激によるものなのか、
尿道内で何か異変が起こっていることによるものなのか
原因はわからないものの
最低3日間、傷の洗浄のために毎日通院か、
または最低3日間の入院か。の2択を打診されました。

入院。ですよね・・・

私たちが満身創痍だったこともありますが、
そうではなくて!入院によって
終日しっかり治療してもらった方が
治癒が早いと考えたためです。
20161029-13.jpg

そして。
「 最低3日間の入院 」を選択したつもりが
「 最低10日間の入院 」になった今日なのであります。

そして。
この入院中、自体が大きく動いたのであります。

長くなったので続く。

にほんブログ村 犬ブログ ウィペットへ にほんブログ村 子育てブログ 2011年4月~12年3月生まれの子へ
スーちゃん頑張れ!で
ポチっと!していただけると励みになります♪
スポンサーサイト


コメント

  1. ライス | URL | -

    うーん、心配ですねぇ。入院して離ればなれになるのはせつないてすね。
    スーちゃんが頑張ってくれて、一日も早く良くなることを祈っています。
    家族みんなが元気で過ごすことができますように。

  2. kazoo | URL | -

    Re:

    ◾️ライスさま

    昨日、手術の説明もかねて会いに行ったのですが
    私たちが受付で小さな声を出した途端に察知して
    泣き叫び初めました。。。中途半端に会ってしまうと、里心もついてしまうし
    聞いてて辛かったですv-395

  3. まりまり | URL | hdFd9ZyI

    初めまして

    こんにちは。
    はじめまして。
    いつもブログを読ませていただいていました。

    スーちゃん、心配ですね。
    私も、8歳のウィペット♀と暮らしています。
    そのウィペットが7月に、IBDとIL(ざっくり言うと慢性十二指腸炎)という難病を併発してしまい、現在治療中です。
    いくつかの病院で診ていただいたのですが、ある病院で、
    「我々獣医師はウィペットやシェルティと聞くと、アンテナを張るんですよ。こういった犬種は原因不明の病気になることが多いんです。掛け合わせている犬種が多いですからね、、」
    と言われました。
    言われたときはなんだか、そんな言い方あるか!と腹が立ちました。
    病院によって色々な先生がいらっしゃいますよね。
    どうかスーちゃんが元気になりますように、パパとママさんの心が癒されますようにお祈りしています。

  4. kazoo | URL | -

    Re: 初めまして

    ◼︎まりまりさま

    ブログ拝見しました。まりまりさんはもちろん、モニカちゃんも大変な状況で頑張ってるのですね。
    物言わぬあの子たちが健気に戦ってる姿は胸が痛むと同時に、絶対なんとかする!と奮起させられます。
    うちも、ジョジョスを迎えてから、ウィペットに理解があり、信頼できる病院を探して、かなり病院をまわりました。
    今の病院では、ジョジョの免疫疾患の擬陰性や、今回の件、他の病院ではどうにもならなかったところを助けていただいたので、通うのは大変ですが感謝してます。モニカちゃんも、牛歩でも良い方向に歩みをすすめ、穏やかで楽しい日々を過ごせるよう応援してます。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://whippet2008.blog81.fc2.com/tb.php/1068-8a3c63b0
この記事へのトラックバック


最新記事