人生を決めた時

2016年12月04日 06:57

秋の眩しい日差しがキラキラと輝く午後。


12月2日。


私の退院より4日遅れて
黄疸の治療をしていた息子が退院しました。


いよいよ、人生という
大冒険の始まりなのです!
ちびっ子くん!



名は、Kei と名付けました。

彼の人生の始まりは
思えば、あの時だったのかもしれません。

これはKeiに伝えるお話です。

にほんブログ村 犬ブログ ウィペットへ にほんブログ村 子育てブログ 2011年4月~12年3月生まれの子へ
ポチっと!していただけると励みになります♪

2015年3月。
血液内科の一室で、私たちは
旦那様の白血病についての説明を受けていました。

生死を問われる話の中で

「 もしも第二子をお考えでしたら…」と
と唐突に持ち出された提案に
キョトンとしながらも

私達は
「もしも、その日を迎えることができ、
その可能性を捨てずに済むなら」と
不妊治療の準備もすすめていただきました。

お分かりの方もいらっしゃると思いますし、
今となっては隠すことでもなく。

抗がん剤、放射線、移植という
白血病の治療をすすめる限り、
我が家が第二子を授かるには
自然妊娠は難しく
不妊治療の最終ステージ、
顕微鏡だけしか選択肢はありませんでした。

その成功率は5%だということを
知ることになるのは
それから随分、後の話です。

そして、無事に旦那様が退院し
外出許可がでて、
私自身、少し楽になったな…という今年の2月。

もう1人、
子供がいてくれる生活を選びました。

人生を決めた時だったと思います。

そしてKeiの人生が
始まった時だとも思います。

正直、今の我が家の状況で、
第二子を持つことは様々にリスクがあります。

でもね。

旦那様の闘病をとおして
人生の優先順位が驚くほど明確となり、
幸せの取捨選択に迷いがなくなり、
起こるかわからないリスクを恐れ
踏みとどまることをやめるようになりました。

でも。

さらに子供を持つということは
自分だけのことにあらず、
その子自身はもちろん、SOの幸せにも
大きくかかわることなので
親として、正直、私は考えました。

ちなみな夫には迷いなし。
いつもながらブレがない人です (・∀・)

そうして足を運んだ病院で聞かされた
成功率5%。

もしも授かったら神様からの贈り物。
ダメならそれも定め。

そう思おう。と腹をくくったのです。

そして、聞いてはいたけど
不妊治療は想像以上に過酷だった(´༎ຶོρ༎ຶོ`)

そこに夫の再入院とか
再々入院が重なり
過酷に拍車がかかったり(´༎ຶོρ༎ຶོ`)(´༎ຶོρ༎ຶོ`)

奇跡的に
1回目の挑戦で5%のハードルを蹴り飛ばし、
私達のもとにやってきてくれた弟くん。

神様からの授かりもの・・・と
慈しむ余裕もないまま
怒涛の妊娠生活に突入!

第二子の妊娠ってこんなに辛いのか…(・Д・)
というくらい10ヶ月が長かったです。

悪阻、猛暑、お腹の重さ、
軋む骨、浮腫み、寝不足 etc etc

そんな中、騙し騙しあんな所や
こんな所にお出かけしたり。

大変なんだか身軽なんだかわからない
妊婦生活を送っておりました。

そんな母のワガママ妊婦生活にもしっかり
ついてきてくれて、
しっかり育ってくれた弟くん。


まさか、あんな日々やこんな日々をへて
今、こんな時を迎えるなんてね。

愛すべき家族が増えて
本当に本当に幸せです。



出産は、
安産だったSOと比べて随分大変でしたが
先生方に軽い殺意を覚えるくらいな
痛みを乗り越え無事に誕生。

生まれた瞬間から
めちゃくちゃ可愛いです。


黄疸治療のため、
私より3日遅れての退院となりました。

その間、産後の貧血や傷も癒えない身体に
ムチうって授乳のために病院に通ったり


SOが連日、38度超えの熱を出し
夜通し看病 & 小児科に通ったり


SOの小児科 → Keiの授乳に通院

9時に家を出て、17時頃帰宅…という
ちょっとしたサラリーマン的な生活を
過ごしておりました。

出産直後なのに。



まともに歩行することもままならない身体で
本当によくやったよ!自分!って感じです。



そして、
本当に我が家に来てくれてありがとう。



左 SO、 右 Kei 、
今のところ激似な姉弟のこれからの日々はいかに。

そして、ジョジョスと姉弟と
新しい生活はいかに。


心から楽しみです。

妊娠生活を支えてくれた
家族と友達に感謝しつつ。

にほんブログ村 犬ブログ ウィペットへ にほんブログ村 子育てブログ 2011年4月~12年3月生まれの子へ
ポチっと!していただけると励みになります♪


スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://whippet2008.blog81.fc2.com/tb.php/1076-38980ad6
    この記事へのトラックバック


    最新記事