FC2ブログ

ありがとうございました

2018年08月02日 20:23

スーに沢山の
お悔やみとお花をありがとうございました。

お返事・お礼は、1つ1つ
丁寧にさせていただきたいと
思っております。
もう少しお時間いただければ幸いです。

今、我が家は
さながらお花畑です。


スーをイメージしてくださったというお花達。


どれも
とても幸せそうなお花達です。


『 あぁ、皆さんの目には
あの子はこんな風に
可愛らしく、温かく、写っていたんだな 』と

とても嬉しく眺めています。
そして鼻先が少しツンとします。



よく河原のお花畑でお散歩しました。

頭の中もお花畑ちゃんで、
親バカですが、お花がよく似合う子でした。

夫の入院中、1番元気をもらったのは
スーの無邪気で楽しそうなお散歩笑顔でした。

なんだか、お花畑の真ん中で
スーが笑ってる見たいです。


まだ遺骨を見ると涙が溢れるので
お花畑の中に埋めています。


スーちゃんも、
きっと喜んでいると思います。

最後の最後まで、
そして今もなお、幸せな子です。



そして、お悔やみとと共に
ご心配いただいてる我が家の様子を取り急ぎ。

ジョジョさんにおかれましては

『 それでいいのか? 』というほど
お変わりなく
マイペースに過ごしておられます。

これはわりと想定通りで、
ここに至るまでの日々を
ジョジョはちゃんと受け止めて
理解してくれてたんだね、と感謝です。

そのことは、また改めて。

あとはボケないように
色々連れ出して行ってあげないとな、と
思っております。

子ども達は変わらず賑やかで
変わらぬ日常が繰り返されています。

SOはごく自然に、
『 スーちゃん、おはよう 』と
毎朝、遺骨に挨拶しています。

大人が言ったわけではないのに。

命の循環というのは
子供にとっては自然な流れなのでしょうか。

私は、スーがいない心の穴はそのままに
通常運転の毎日です。


この穴は、このまま固まってしまうのか、
やがて埋まっていくのか、
突然、崩れ落ちてしまうのか、

これから自分の気持ちが
どう変わっていくのかわかりません。

ただ、今現在の心境としては
冷たいと思われてしまうかもしれませんが
ある種の達成感とともに
スーとの時間を振り返っています。


寂しさはありますが
スーが最後までスーちゃんらしく
犬生を生きれるように見守れたな、


そして私達の一方通行な思いじゃなくて
スーと私達で一緒に、
精一杯やり切り切ったよね、と。

自己満足かもしれませんが
そう思っています。

私達と共に
一生懸命、10年という月日を生きてくれて
『 はい!おしまい♩ 』とお空に引越していった。



私達には温かい思い出を
沢山残していってくれました。

スーの犬生を一区切りするために
闘病のこと、病院のこと、お葬式のこと、
そんなこともブログに書き残していきたいな、
と思ってます。

まだまだスーちゃんは登場しますが
どうぞしばらくお付き合いください。

そして

『 ジョジョスーのブログはバイブルでした 』
と過分なお言葉を沢山ありがとうございました。

でもね

キリが悪いと言われようが
まだまだブログは続くのです(苦笑)!

これからも、よろしくお願いいたします。

最後に

時々、スーのことを
思い出していただければ幸いです。

あの子が生きた証が消えてしまうのが
何より寂しい。

皆さんの心の中に
スーがいてくれれば、

生き続けてくれれば、
嬉しいです。

にほんブログ村 犬ブログ ウィペットへ にほんブログ村 子育てブログ 2011年4月~12年3月生まれの子へ

ポチっと!していただけると励みになります。




スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://whippet2008.blog81.fc2.com/tb.php/1230-2e7379aa
    この記事へのトラックバック


    最新記事