一周忌

2014年12月08日 20:25

12月4日は父の命日でした。

1年とは長く短いものです。

父のために花を買いました。

「親思いの娘」風ですが、
この1年、父のための花を買ったのは
初めてです。
毎週、部屋に飾る花は買ってるのに。

まぁ、お父さんも許してくれるでしょう。

新盆までは、遺影を見るだけで涙が溢れ、
時に吐き気すらおぼえるほど悲しかった

のですが。

新盆が終わった途端、付き物が取れたように
悲しみがひいたのは何故でしょう。

まだ、父がウロウロしてたんじゃなかろうか?


気持ちに一区切りがつくと


置き場のないSOの制作物を
遺影の前に飾ってみたり。ちょっとこちらに失礼します。

まぁ、お父さんも許してくれるでしょう。

11月にすませた一周忌の法事。


近しい親戚だけで集まり
食事したり、温泉にはいったり。


お喋りなおじ&おば達の熱い話題は
「どこに墓を買ったか。
どんなお墓がいけてるか。」



法事が終わる頃、
『全然、故人の話をしてないじゃないか!』
と、おじが気づき

そんな法事でした。
いかにも、父の法事らしい。

まぁ、お父さんも許してくれるでしょう。

夜は、父と母が2人で足を運んでいた中華へ。

父が好きだったカタヤキソバ。

『 特に美味しくもないよねぇ~?』

とブツブツ言いながら、もりもり食べ。

そんな会話を、生前、父は
笑いながら聞いてたものです。

今でも、よく思い出すことがあります。

あれは、父が心肺停止から蘇生して
半昏睡状態だった時のこと。

『 お父さんっ!お父さんっ!!』と
何度、私達が声をかけても、
父は血の気もなくベッドに横たわったままでした。

ところが、抱っこ紐の中で
うずくまっていたSOが小さな声で

『 おじいちゃん。 がんばって。 』

と言った瞬間、
目をあけ、しかも手まで振ったあれは、
涙もひっこんだ思い出です。

実は入院中、何度も心肺停止しては
その度にSOが呼び戻してくれました。

だから看護師さん達はいつも
父に孫達のことを語りかけて、元気づけてくれていました。


そもそも、何十年もの闘病期間中、
何度も死にかけ、
嘘みたいに、いつも戻ってきてくれていました。
ICUも我が家にとっては特別な場所じゃないくらいに。

だから父は不死身だと思ってました。
心のどこかで。

でも、終わりはきました。
最後は実にあっけなくて
『 不死身なんかじゃなかったね』と
姉とつくづく話したものです。

父の死が教えてくれたことは2つ。


⚫︎ 人生はギフト
⚫︎ 好きなように生きろ

聞き飽き、
聞き流してたフレーズだったけど、
今は心からそう思う。

お父さんには悪いけど、
いない人を悲しむことより
いてくれる人を大事にしようとも思う。

お父さんが
愛して愛してやまなかった
孫娘も、たくましく育ってます。



お父さんが可愛がってくれた
ジョジョとスーも負けずに頑張ってます。


だから、お父さんもそっちで
楽しくやってくれてると嬉しいです。

にほんブログ村 犬ブログ ウィペットへ にほんブログ村 子育てブログ 2011年4月~12年3月生まれの子へ
↑ポチッとしていただければ励みになります♪
スポンサーサイト


コメント

  1. ユーリアママ | URL | MFeQwWLM

    Re:一周忌

    もうお父様の一周忌ですか。早いものですね。
    私も先日、母の7回忌を済ませました。父はもうずっと前になくなりましたので、
    母が亡くなった時は、”みなしご”になったような気がしたのですが、、。
    親はいくつになっても”居る”ものと、錯覚していました。

    その時のお坊さんのお話、「今生きている人が幸せに暮らす事が、亡くなった人への一番のご供養になります」 その通りと思いました。

    soちゃんがストーブの前で頑張っている姿、可愛くて笑ってしまいました。v-238

  2. kazoo | URL | -

    Re: Re:一周忌

    ◼︎ユーリアママさま

    いつまでも親はいてくれる、ってとてもわかります。母も祖父母が他界した時、同じことを言ってましたし、私も父がいないことが信じられないです

    お坊さんのお話、本当ですよね。
    母はどーにもまだ辛いようですが、悲しむ担当は母にまかせて(笑)
    そんな母はじめ、家族達が幸せに過ごせるように心を砕きたいと思います。

    SOちゃん、頑張ってるのですがジョジョスのしぶとさも増してきて、なかなか勝てません(笑)!

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://whippet2008.blog81.fc2.com/tb.php/925-00d23764
この記事へのトラックバック


最新記事