一時外泊 1日目

2015年07月01日 21:30

よく晴れた朝。

Goが久々に帰宅する朝だぞ。
ずっと小さな窓から
小さなお空しか見れなかったから
広い広い青空は神様からご褒美だな!


おかえりGo!


おかえり。Go。


おかえり・・Go・・?

スゥゥゥーーー!ばっかり
どけなのだぁぁぁ。

にほんブログ村 犬ブログ ウィペットへ にほんブログ村 子育てブログ 2011年4月~12年3月生まれの子へ
↑ポチッとしていただければ励みになります♪

まったく、スーのやつめ。
普段ジョジョがちょっとでも
踏み潰そうものなら
そそくさと逃げるくせに

Goに踏み潰されてもはべり続けてたのだ。

調子のいいやつなのだ。

いいもん。ジョジョは
kazooに慰めてもらうもん。


光の速さで割り込んできたのだ。

あーーーっちにいけぇぇぇえーっ!

この日はね、ご近所のお祭りだったのだ。

SOのやつ、久々のお父さんに
浮かれぽんちで歩いてたぞ。
まっすぐ歩け。なのだ。

『SOに山車をひかせる!』って
Go張り切ってお出かけしたぞ。
リハビリも兼ねるんだって。

移植ってね、体力がすごくすごく大事なんだって。

Go、頑張って歩け歩けしてたぞ。
滅菌床から出てなかったから、
体力落ちてるだろうに、偉いのだ。

ジョジョなんて散歩めんどくさいと
引きずられるように歩いてるけどな。

ジョジョ達も連れてかれたけど

ドンドコドンドコ怖いのだ。


いってらっしゃーい❤️なのだ。
さっさと帰るのだ。

帰宅初のお昼だぞ。
ラーメン、餃子、
旬のとりたてソラマメとモロコシ。
びっくりするくらい
フツーのお家ご飯なのだ。

2泊3日の中で、
Goリクエストをなるべく叶えようと
あれこれkazooと相談してたのだ。

外泊ってね、急に決まるのだ。
お掃除を直前に念入りに。

食べ物もね、色々制限があるから
直前に調達するのだ。

生野菜やお刺身とか、
パン屋さんのパンとかも
もちろんダメだし。

餃子のお醤油は
開封直後のものじゃなきゃダメ。とか。
火を通さない調味料は
全部新品を揃えなくちゃダメなのだ。

慣れればどーってことない、って
kazooは偉そうに言ってたけどね。
そのわりに、うっかり色々忘れてたぞ。

移植前にやる前処置っていう抗ガン剤はね
粘膜障害を起こしやすいんだって。

あらかじめ亜鉛を摂取しとくと
予防効果があるらしいのだ。

kazooが毎日3食分、
張り切ってたっぷり揃えてたぞ。

『甘くてまずーい』ってGoが文句いったら
kazooにプリプリ怒られてたぞ。

でもね。
1日1本飲めば十分って後でわかって
kazoo撃沈してたぞ。

夜もね、びっくりするくらい
フツーのお家ご飯だったぞ。
揚げ物パーティーなのだ。

唐揚げ、コロッケ、ヒレカツ、ロースカツ。


もっと色々作りたい気持ちもあれど、
ゆっくりお話ししたいし
こんなもんでいいよね、って
皆んなで楽しくご飯食べたぞ。

家族揃ってならなんでも美味しいのだ。

てか

ほとんど食べずに寝落ちてたヤツも
いたけどな。

ジョジョが代わりに食べるのだぁぁ。

で、1日があっという間に終わりなのだ。
あとは寝るまでゴロゴロするだけなのだ。


まっ、またスーばっかりぃぃぃー!!

つづく。なのだ。

にほんブログ村 犬ブログ ウィペットへ にほんブログ村 子育てブログ 2011年4月~12年3月生まれの子へ
↑ポチッとしていただければ励みになります♪
スポンサーサイト


コメント

  1. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

  2. kazoo | URL | -

    Re: 二度目の前コメントします(^^)

    ◼︎鍵コメさま
    私も当事者ではありませんので軽々には申し上げられませんが、お気持ちすごくお察しいたします。我が家も移植しか道はなく、かつ、迷ってる時間はなかったので治療に進みました。今はGHVDと戦う日々です。入院以来「こんな大変なことがあるのか・・」という経験を更新し続けてます。私じゃないけど(苦笑)
    だからこそ、体力があるうちに移植ができ出来て良かったとも思ってます。2度の寛解療法で寛解に至らなかった時の気持ちは言葉にし難く、でも心折れる暇もなく次々と重大な選択をし、益々過酷な治療に進まなくてはならない日々です。。。なので、気持ちを保つしんどさ、わかります(苦笑)「ただ生きる」権利を得るために、健康とその他多くの物を失い、その上、彼がこんなことを受け入れなくてはならない理不尽さに悔し涙も出ます。移植は完治の保証も移植後のQOLの保証もなく、本当に難しい決断だと思います。
    でもね病棟には、まだ小さな小さな子供もいて、移植をしてる子も見かけるんです。まだ人生の楽しみなんて知らない幼い子達が生きる為に懸命に治療に臨む姿にね、本当に励まされます。我が家もゴールまでの長い道を歩き続ける日々ですが、こんな日々でも良いことはあって、小さな変化を喜び、皆で支えあってます。道は険しくても歩かない限り辿り着かない。どんな状況でも絶対に希望を持ち続けていきましょう。ケアの看護師さんにも言われました。「前向きであることはとにかく大事よ!」と。「ベッキーみたいに?」と返しちゃいましたけど(笑)移植でお悩みのことがおありでしたら、私も日々惑ってますが(苦笑)またご連絡くださいね。きっと全てうまくいく!!

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://whippet2008.blog81.fc2.com/tb.php/977-72f1363e
この記事へのトラックバック


最新記事