そして2年。

2017年03月14日 20:37

早朝。

目覚めるやいなや、
一年分の出席カードを振り返るSOちゃん。
20170314-1.jpg

昨日は
年中さん最後の登園日でした。

にほんブログ村 犬ブログ ウィペットへ にほんブログ村 子育てブログ 2011年4月~12年3月生まれの子へ
ポチっと!していただけると励みになります♪

SOの入園、夫の闘病で始まった年少さん。
幼稚園1年目は無我夢中のうちに
終わって行きました。

そして、迎えた2年目

年中さんの1年は
母子ともにクラスメイトに恵まれ
穏やかに楽しい園生活を過ごすことができました。

二人のクラス担任からのメッセージカードには

『 たいようのようなえがおの SOちゃんが みんなだいすきです 』

『いつでもえがおのこころで たくさんのことを がんばりました。
つよいこころのSOちゃん、すてきです。 』

と、それぞれに綴っていただいてました。

20170314-5.jpg

そうか。
SOの1年は「笑顔」だったのか。

私の見えぬところでも
笑顔いっぱいな1年だったんだろうな、と
改めてホッとしました。

年長さん。新しいクラス。
女の子も、この年頃になると
早くも人間関係が複雑になってくるようです。

不安な要素も多々ありながら、
穏やかな海でもあっても
大荒れの海でもあっても
悠々と波をのりこえ
進んでいってくれればと思うばかりです。

と、上から目線で綴ってみるも
見ててハラハラしてしまうような
お友達とのやりとりも、
当の本人は飄々と受け流してたりするので、
SOは私なんかより
よっぽど強い心の持ち主なのかもしれません。

でも。
大人びたことを言うようになっても
私にとってはまだまだ可愛い5歳児。

いつまでも、何歳になっても
守ってあげたいと思ってしまう親子心。

幼稚園で迎える新たな社会。
そんな新しい海に飛び込んで、
どんどん泳ぎ進んでくれればいい。

そして、
母という岸からどんどん離れて行っても
辛いことがあったら
いつでも戻ってこれる港であろう、と
思う母なのであります。

年中さんもよく頑張りました。
お母さんも楽しい1年でした。

春休み、いっぱい遊ぼうね。

にほんブログ村 犬ブログ ウィペットへ にほんブログ村 子育てブログ 2011年4月~12年3月生まれの子へ
ポチっと!していただけると励みになります♪

とうことで春休み初日。
キッザニアに行ってきましたよ。さっそく。
20170314-4.jpg

20170314-3.jpg

Kei君はおばあちゃんとお留守番。
20170314-2.jpg

7時過ぎにSOと家を出て、
途中退場して15時半に帰宅。

お留守番の間、Kei
ずっとニコニコご機嫌さんだったそうです。

そして、18時にグイグイおっぱいを飲んで
グーグーと就寝。

神様のご褒美みないたKeiくん。

あまりに良い子すぎるので、
結果、周りの人間に大いに可愛がられて
かまってもらえるという現象を巻き起こしている
なかなかのやり手です。

お誕生日おめでとう

2017年02月10日 20:05

昨日は旦那さまのお誕生日でした。


折しも、我が家。

SOちゃん→突然のおたふく。
旦那さま→連日多忙。
朝6時半に家を出て千葉までお仕事な日々。

なので、もはやお祝いは無理か・・と
断念しかけましたが、というか
看病生活の疲れで心が折れかけましたが
簡単ながら、なんとかお祝いできました。
パチパチー



これまで、記念日って
「なんとなく」でした。気持ちの上で。

でも、今はキチンとお祝いしたいな、と
思うようになりました。

豪華なご飯とか、派手な演出とか
そういうことではなく
ちゃんと向き合って
気持ちの上できちんと祝福したいと。


自分の誕生日以上に全力で祝福するSOちゃん@おたふく外出禁止 最終日

そうしないと
忘れてしまいそうな気がするのです。

お誕生日が来て、
歳を重ねることができてありがとう。
産んでくれてありがとう。
今日まで生きられてありがとう。

そんな「ありがとう」を。


数週間前から作りためていたお誕生日プレゼントの工作色々。

そんな「ありがとう」に感謝する日。
それが年に1度しかない
お誕生日なような気がするのです。

去年のお誕生日は、
旦那さま再々入院していました。

今年の誕生日は
無事に家族で迎えられました。

しかも

こんなに可愛い家族まで増えて。

自分の誕生日を祝ってもらうのより
大事な人の誕生日を祝えることの方が
幸せだと思う今日この頃。


歌って踊って、全身全霊でお誕生日をおおいに盛り上げるSOちゃん。

今、牛歩のペースで読んでいる本。


長寿社会をどう生きて行くのか的な、
わりとありそうでなかった視点が面白い本。

長寿が、不幸や不安の種ではなく
一緒に楽しく長生きできたら、
そんな幸せなことはない、

素晴らしい恩恵になりうると思うのです。

仲良く、人生ずっと楽しく、一緒に長生き。
そんな家族になれたらいいな。
この先も、これからも。

お誕生日おめでとう。

にほんブログ村 犬ブログ ウィペットへ にほんブログ村 子育てブログ 2011年4月~12年3月生まれの子へ
おめでとう!で
ポチっと!していただけると励みになります♪

乳幼児育児の日々。再び

2016年12月14日 23:02

沐浴大好きなKei君。

いまだ洗面器サイズです。

沐浴好きすぎて、
お風呂にいれる → 泣き止む

お風呂から出す → 泣きだす

風呂好き男子な模様です。

にほんブログ村 犬ブログ ウィペットへ にほんブログ村 子育てブログ 2011年4月~12年3月生まれの子へ
ポチっと!していただけると励みになります♪


そんな新生児との日々は、
もっかこんな感じ。7日間。↓
20161213.jpg
以前に見たWEBサイトを参考に私バージョンを作ってみました。

は授乳した時間。
だいたい、2時間半起きで、9回~10回/日。

授乳は最低、8回/日 が推奨なので
一般的な回数だと思います。

1度にかかる授乳の時間は約40分。

つまりは
1日に6時間ほどの拘束時間。

この間は母乳であっても
哺乳瓶であっても、基本的には
身体ごと開けなくてはいけない
何もできない時間です。

母親の日々は
圧倒的に時間がないにもかかわらず
超暇な時間を過ごさねばならないという
矛盾&葛藤(苦笑)

メール返したりTV見たり、ブログを書くくらい。

授乳と授乳の
合間の時間は長くても2時間弱。

Keiが良い塩梅に寝てくれれば・・・


この2時間の間に
怒涛のごとく食事の支度やSOの相手、
掃除や、ジョジョスのお世話
などなど突っ込むわけですが
そうは問屋がおろしませぬ。

泣き愚図るKei君を抱っこするだけで
1時間経過しちゃったねー…とか。
あるある。

あと、オムツ変えたり、沐浴したり、
あれやこれやと新生児のお世話。

SOもSOなりに世話をやいてくれている。

そんな時間の合間、合間に
私の食事とか睡眠とかお風呂とか
人としての最低限の営み
突っ込まなくてはいけないわけです。

出産以来、どんなに寝れても
睡眠時間はまとめて2時間くらいかなぁ。

母と同居なので
1人で子育てをしている方より
楽させてもらってるとは思います。

さらには。

Kei君、なぜか夜に
よくおしっこウンチをするのです。

1時間半ごとに
オムツ交換で起こされるわけです。


寝ぼけながらオムツ交換しようものなら
ウンチがKei の洋服についてしまったり
( → お着替えコース )
オムツがずれてシーツを汚してしまったり
( → ベッドシーツ交換コース )
なんてプチ惨事を招くはめになる。

そんな惨事を招かぬようやっと寝入った眠さを
気力で吹っ飛ばして
パッチリと目を覚まして
オムツ交換しなきゃならないわけです。

つまり、1時間半ごとの細切れ睡眠を
数回繰り返して朝を迎える、なんてことが
日常茶飯事。

夜中の1番眠い時間帯によく起きる小さな悪魔

あまりの眠さに、今夜は
添い寝で母乳、寝ながら授乳で楽しよう!

と姑息なことを考え、
泣くたびに1時間起きの授乳でしのいでたら
母乳飲ませすぎで吐いてたり(*゚▽゚*)

ごめーん…以後気をつけます。

SOの時には、

「 1日の終わりを迎えてないのに
新しい1日が始まっている 」

という不思議な感覚に
とてつもない衝撃をうけましたが
さすがに2人目となると
「 あぁ、こんな感じだったね育児生活 」と
過酷な現実もフラットな気持ちで
受け入れられるわけです。

こんな毎日を
産後の身体がまだまだ
回復していないうちから
待ったなしでスタートするのが育児生活。

だから、Keiが泣いたら


「オムツかな?」とか
「抱っこしようかな?」とか、
お願いしなくてもやってもらえると
心から嬉しい。

ちょっとしたお手伝いが
切実に必要な時が、
まさにこの育児期なのです。

もちろん、1人目の時より
だいぶ余裕を持って過ごせています。

1日の大半を2人きりで
過ごしていたSOの時と違って
母やSO、家に常に誰か話し相手がいます。

正直、1人になりたい時もあるけど(笑)
泣き止まない赤子をひたすら1人で
あやす精神的ダメージがないのは
かなり救われていると思います。


哺乳瓶の時は母にバトンタッチしてもらうことも。

さらには。

退院時、乳幼児より免疫がないと言われていた
夫が帰宅し、色々と指導をうけながら
その後の過程をつつがなく過ごせた経緯から
衛生面ではかなりの
知識と経験が積まれました。

だからSOの時のように衛生面で
無意味にビクビクドキドキすることが
ありません。

そして、最後に。

一説によると
妊娠出産によるホルモンの変化により
母親の脳は、自分優先だった女性脳から
子ども優先の母性脳に変化するのだそうです。

母性脳は「感情」や「不安」を司る領域が
活性化する特徴があり、
特に1人目の赤ちゃんを妊娠出産した時に
顕著に見られる変化なのだとか。

1人目の時には、
とにかく不安なことばかりだったのが
2人目になると、わりとどうでもよくなるのも
経験値以外にもこうしたホルモンバランスの
変化が関係しているのでしょうか・・?

と、様々な角度から
自分の二人目育児のゆるっと感を
正当化してみたり。

色んな所にぽいっと放置され気味なKeiくん。

そんなゆるっとした心構えを持てるがゆえに


新生児の破壊的な可愛さを
心ゆくまで堪能する余裕があったりするわけです。

2人の寝顔が並ぶと可愛さも倍増。



私の心配をよそに、Keiがいることが
あまりにもすんなり馴染んだ
新しい我が家の形。

まだ始まったばかりですが、
ゆるゆるっと
日々を積み重ねていければいいなと思います。

授乳の間にダラダラと書いていたら
長くなってしまいました・・・

にほんブログ村 犬ブログ ウィペットへ にほんブログ村 子育てブログ 2011年4月~12年3月生まれの子へ
kazooがんばれ!で
ポチっと!していただけると励みになります♪

人生を決めた時

2016年12月04日 06:57

秋の眩しい日差しがキラキラと輝く午後。


12月2日。


私の退院より4日遅れて
黄疸の治療をしていた息子が退院しました。


いよいよ、人生という
大冒険の始まりなのです!
ちびっ子くん!



名は、Kei と名付けました。

彼の人生の始まりは
思えば、あの時だったのかもしれません。

これはKeiに伝えるお話です。

にほんブログ村 犬ブログ ウィペットへ にほんブログ村 子育てブログ 2011年4月~12年3月生まれの子へ
ポチっと!していただけると励みになります♪

2015年3月。
血液内科の一室で、私たちは
旦那様の白血病についての説明を受けていました。

生死を問われる話の中で

「 もしも第二子をお考えでしたら…」と
と唐突に持ち出された提案に
キョトンとしながらも

私達は
「もしも、その日を迎えることができ、
その可能性を捨てずに済むなら」と
不妊治療の準備もすすめていただきました。

お分かりの方もいらっしゃると思いますし、
今となっては隠すことでもなく。

抗がん剤、放射線、移植という
白血病の治療をすすめる限り、
我が家が第二子を授かるには
自然妊娠は難しく
不妊治療の最終ステージ、
顕微鏡だけしか選択肢はありませんでした。

その成功率は5%だということを
知ることになるのは
それから随分、後の話です。

そして、無事に旦那様が退院し
外出許可がでて、
私自身、少し楽になったな…という今年の2月。

もう1人、
子供がいてくれる生活を選びました。

人生を決めた時だったと思います。

そしてKeiの人生が
始まった時だとも思います。

正直、今の我が家の状況で、
第二子を持つことは様々にリスクがあります。

でもね。

旦那様の闘病をとおして
人生の優先順位が驚くほど明確となり、
幸せの取捨選択に迷いがなくなり、
起こるかわからないリスクを恐れ
踏みとどまることをやめるようになりました。

でも。

さらに子供を持つということは
自分だけのことにあらず、
その子自身はもちろん、SOの幸せにも
大きくかかわることなので
親として、正直、私は考えました。

ちなみな夫には迷いなし。
いつもながらブレがない人です (・∀・)

そうして足を運んだ病院で聞かされた
成功率5%。

もしも授かったら神様からの贈り物。
ダメならそれも定め。

そう思おう。と腹をくくったのです。

そして、聞いてはいたけど
不妊治療は想像以上に過酷だった(´༎ຶོρ༎ຶོ`)

そこに夫の再入院とか
再々入院が重なり
過酷に拍車がかかったり(´༎ຶོρ༎ຶོ`)(´༎ຶོρ༎ຶོ`)

奇跡的に
1回目の挑戦で5%のハードルを蹴り飛ばし、
私達のもとにやってきてくれた弟くん。

神様からの授かりもの・・・と
慈しむ余裕もないまま
怒涛の妊娠生活に突入!

第二子の妊娠ってこんなに辛いのか…(・Д・)
というくらい10ヶ月が長かったです。

悪阻、猛暑、お腹の重さ、
軋む骨、浮腫み、寝不足 etc etc

そんな中、騙し騙しあんな所や
こんな所にお出かけしたり。

大変なんだか身軽なんだかわからない
妊婦生活を送っておりました。

そんな母のワガママ妊婦生活にもしっかり
ついてきてくれて、
しっかり育ってくれた弟くん。


まさか、あんな日々やこんな日々をへて
今、こんな時を迎えるなんてね。

愛すべき家族が増えて
本当に本当に幸せです。



出産は、
安産だったSOと比べて随分大変でしたが
先生方に軽い殺意を覚えるくらいな
痛みを乗り越え無事に誕生。

生まれた瞬間から
めちゃくちゃ可愛いです。


黄疸治療のため、
私より3日遅れての退院となりました。

その間、産後の貧血や傷も癒えない身体に
ムチうって授乳のために病院に通ったり


SOが連日、38度超えの熱を出し
夜通し看病 & 小児科に通ったり


SOの小児科 → Keiの授乳に通院

9時に家を出て、17時頃帰宅…という
ちょっとしたサラリーマン的な生活を
過ごしておりました。

出産直後なのに。



まともに歩行することもままならない身体で
本当によくやったよ!自分!って感じです。



そして、
本当に我が家に来てくれてありがとう。



左 SO、 右 Kei 、
今のところ激似な姉弟のこれからの日々はいかに。

そして、ジョジョスと姉弟と
新しい生活はいかに。


心から楽しみです。

妊娠生活を支えてくれた
家族と友達に感謝しつつ。

にほんブログ村 犬ブログ ウィペットへ にほんブログ村 子育てブログ 2011年4月~12年3月生まれの子へ
ポチっと!していただけると励みになります♪


5歳 おめでとう。ありがとう。

2016年10月15日 23:00

秋という季節は、
静穏なイメージとは裏腹に
長く居座った暑さを
グイっと押しやる力強さで
私達の周りにやってきます。

『 衣替えなんて早いよね 』
と汗たらしながら
幼稚園の冬服を着せた、その数日後。

『 マフラーだして』と言われる朝を迎える。

毎年、一夜にして
ぐっと深まる秋に驚く頃、
そんな10月。

10月12日。

5年前の満月の夜。
SOが産まれました。
SO、5歳になりました。

20161015-3.jpg

にほんブログ村 犬ブログ ウィペットへ にほんブログ村 子育てブログ 2011年4月~12年3月生まれの子へ
ポチっと!していただけると励みになります♪


先日。
私が体調不良で横になっていると、
『 おかあさん、喉飴なめる?』と
寝室に聞きにきたSOちゃん。

それきり、なかなか戻ってこないなぁ・・と思っていたら

自分のおこづかいが入った
フクロウさんのお財布を握りしめ
おばあちゃんをお伴に
近所のお店を渡り歩いて
わざわざ、私の好きな喉飴を買ってきてくれました。

20161015-3-1.jpg

その頃、咳で喉を痛めていたSOに
私はよく喉飴をあげていました。

具合が悪い人がいたら、
自分がしてもらったのと同じように
お世話をしてあげようと、あの子なりに思ったのでしょう。

さらに先日。
お友達と遊んでいた時。

ママ友に促されて見てみると、
遊ぶお友達の輪から離れ、泣いている子の側で
立っているSOの姿がありました。

『 SOちゃん、泣いてるお友達の背中を
さっきから「大丈夫?」って言いながら、
さすってあげてるんだよ。
本当に優しいよね 』と。

なるほど…とぼんやり聞いていたものの
あとでフト思ったのです。

もしも、違う立場だったら。

他の子が、
SOと同じことをしている姿を見かけたら
私はその素直な優しさに
心を打たれただろうな、と。

SOも、あんな優しさを
持ってくれたらいいな、と
思っただろうな、と。

なのに、いざ自分の子がやっていると
当然のことのように心にとめることもなく
やり過ごしてしまう。いかん、いかん、ですよね。

20161015-1.jpg

待ちに待った10月12日。

それは、SOが何日も前から
指折り数えて待っていた
お誕生日当日です。

常に予期せぬパプニングに襲われる我が家ですが
その日も例外ではなく。

お友達と公園であそんでいたら、
遊具から落ちて鼻と前歯を強打。チーンポクポク・・・

連日の疲れもあって、
普段、昼寝をしない子が
泣き疲れて眠ってしまいました。
20161015-5.jpg

1時間半のお昼寝の間、
20161015-6.jpg
私はせっせせっせとお誕生日パーティの
準備をすすめたのですが

起きて、開口一番
『 歯が痛い 』
母、真っ青。

閉院間際の歯医者に電話しまくり、
緊急で診てもらえるところを
やっとこ見つけて飛び込み診療。

ひとつめのお誕生日プレゼントは
歯医者で開封です。
20161015-3-2.jpg

幸い、根の切断などもなく
無事帰宅。

帰宅後、
遅めの誕生日パーティを何とか開催いたしました。

おばあちゃんは大量の唐揚げ!
( 飾り付けは 私っ! )
20161015-8.jpg

私は、ちらし寿司と
20161015-7.jpg

SOの大好物のピクルスを仕込みっ!
20161015-15.jpg

毎年、ケーキ担当の旦那様は
ガトーショコラと
20161015-9.jpg

チョコレートチーズケーキっ!
20161015-10.jpg
前日の夜中までかけて、せっせと作ってましたよ。

さぁ、あとはパーティだね!という
そのタイミングで起こった、あの惨事。

無事にパーティが終わった時には
大人一同ぐったりですよ。

でも。ここ数日、
疲れて元気のなかったSOが
ニコニコで眠りについてくれたので、
がんばって良かったなぁ・・・と。

20161015-13.jpg
待ちに待ったりかちゃん人形。
産まれて初めての誕生日のリクエストでした。


蝋燭が多すぎて、
消すのに一苦労な5歳。
20161015-11.jpg

夕飯が終わるのが、
19時半を過ぎてしまい
眠くなってしまった5歳。
20161015-1-1_20161015210233100.jpg

チョコレートケーキが
食べられるようになった5歳。
20161015-14.jpg
チョコレートチーズケーキ、物凄い美味しかった!

出来なくて、悔しくて
泣いてしまうこともある5歳。
20161015-2.jpg

たくさんの優しさを
みせてくれるようになった5歳。
20161015-1-10.jpg

24時間、いつも感心するほどに
朗らかに日々を過ごしている5歳。
20161015-1-11.jpg

こんな日くらい言ってしまいますが
私にはもったいない娘だな、と思います。

fc2blog_20141025222852063.jpg

1歳。
20141026214811c26.jpg

2歳。
20141026

3歳。


4歳とんで(笑) 5歳!
20161015-4.jpg

その成長を見守れることを、
毎年、その成長を祝えることを、
心から感謝します。

お誕生日おめでとう。
そして、毎日、その全てにありがとう。

にほんブログ村 犬ブログ ウィペットへ にほんブログ村 子育てブログ 2011年4月~12年3月生まれの子へ
5歳おめでとう!で
ポチっと!していただけると励みになります♪


最新記事