人生を決めた時

2016年12月04日 06:57

秋の眩しい日差しがキラキラと輝く午後。


12月2日。


私の退院より4日遅れて
黄疸の治療をしていた息子が退院しました。


いよいよ、人生という
大冒険の始まりなのです!
ちびっ子くん!



名は、Kei と名付けました。

彼の人生の始まりは
思えば、あの時だったのかもしれません。

これはKeiに伝えるお話です。

にほんブログ村 犬ブログ ウィペットへ にほんブログ村 子育てブログ 2011年4月~12年3月生まれの子へ
ポチっと!していただけると励みになります♪

2015年3月。
血液内科の一室で、私たちは
旦那様の白血病についての説明を受けていました。

生死を問われる話の中で

「 もしも第二子をお考えでしたら…」と
と唐突に持ち出された提案に
キョトンとしながらも

私達は
「もしも、その日を迎えることができ、
その可能性を捨てずに済むなら」と
不妊治療の準備もすすめていただきました。

お分かりの方もいらっしゃると思いますし、
今となっては隠すことでもなく。

抗がん剤、放射線、移植という
白血病の治療をすすめる限り、
我が家が第二子を授かるには
自然妊娠は難しく
不妊治療の最終ステージ、
顕微鏡だけしか選択肢はありませんでした。

その成功率は5%だということを
知ることになるのは
それから随分、後の話です。

そして、無事に旦那様が退院し
外出許可がでて、
私自身、少し楽になったな…という今年の2月。

もう1人、
子供がいてくれる生活を選びました。

人生を決めた時だったと思います。

そしてKeiの人生が
始まった時だとも思います。

正直、今の我が家の状況で、
第二子を持つことは様々にリスクがあります。

でもね。

旦那様の闘病をとおして
人生の優先順位が驚くほど明確となり、
幸せの取捨選択に迷いがなくなり、
起こるかわからないリスクを恐れ
踏みとどまることをやめるようになりました。

でも。

さらに子供を持つということは
自分だけのことにあらず、
その子自身はもちろん、SOの幸せにも
大きくかかわることなので
親として、正直、私は考えました。

ちなみな夫には迷いなし。
いつもながらブレがない人です (・∀・)

そうして足を運んだ病院で聞かされた
成功率5%。

もしも授かったら神様からの贈り物。
ダメならそれも定め。

そう思おう。と腹をくくったのです。

そして、聞いてはいたけど
不妊治療は想像以上に過酷だった(´༎ຶོρ༎ຶོ`)

そこに夫の再入院とか
再々入院が重なり
過酷に拍車がかかったり(´༎ຶོρ༎ຶོ`)(´༎ຶོρ༎ຶོ`)

奇跡的に
1回目の挑戦で5%のハードルを蹴り飛ばし、
私達のもとにやってきてくれた弟くん。

神様からの授かりもの・・・と
慈しむ余裕もないまま
怒涛の妊娠生活に突入!

第二子の妊娠ってこんなに辛いのか…(・Д・)
というくらい10ヶ月が長かったです。

悪阻、猛暑、お腹の重さ、
軋む骨、浮腫み、寝不足 etc etc

そんな中、騙し騙しあんな所や
こんな所にお出かけしたり。

大変なんだか身軽なんだかわからない
妊婦生活を送っておりました。

そんな母のワガママ妊婦生活にもしっかり
ついてきてくれて、
しっかり育ってくれた弟くん。


まさか、あんな日々やこんな日々をへて
今、こんな時を迎えるなんてね。

愛すべき家族が増えて
本当に本当に幸せです。



出産は、
安産だったSOと比べて随分大変でしたが
先生方に軽い殺意を覚えるくらいな
痛みを乗り越え無事に誕生。

生まれた瞬間から
めちゃくちゃ可愛いです。


黄疸治療のため、
私より3日遅れての退院となりました。

その間、産後の貧血や傷も癒えない身体に
ムチうって授乳のために病院に通ったり


SOが連日、38度超えの熱を出し
夜通し看病 & 小児科に通ったり


SOの小児科 → Keiの授乳に通院

9時に家を出て、17時頃帰宅…という
ちょっとしたサラリーマン的な生活を
過ごしておりました。

出産直後なのに。



まともに歩行することもままならない身体で
本当によくやったよ!自分!って感じです。



そして、
本当に我が家に来てくれてありがとう。



左 SO、 右 Kei 、
今のところ激似な姉弟のこれからの日々はいかに。

そして、ジョジョスと姉弟と
新しい生活はいかに。


心から楽しみです。

妊娠生活を支えてくれた
家族と友達に感謝しつつ。

にほんブログ村 犬ブログ ウィペットへ にほんブログ村 子育てブログ 2011年4月~12年3月生まれの子へ
ポチっと!していただけると励みになります♪


5歳 おめでとう。ありがとう。

2016年10月15日 23:00

秋という季節は、
静穏なイメージとは裏腹に
長く居座った暑さを
グイっと押しやる力強さで
私達の周りにやってきます。

『 衣替えなんて早いよね 』
と汗たらしながら
幼稚園の冬服を着せた、その数日後。

『 マフラーだして』と言われる朝を迎える。

毎年、一夜にして
ぐっと深まる秋に驚く頃、
そんな10月。

10月12日。

5年前の満月の夜。
SOが産まれました。
SO、5歳になりました。

20161015-3.jpg

にほんブログ村 犬ブログ ウィペットへ にほんブログ村 子育てブログ 2011年4月~12年3月生まれの子へ
ポチっと!していただけると励みになります♪


先日。
私が体調不良で横になっていると、
『 おかあさん、喉飴なめる?』と
寝室に聞きにきたSOちゃん。

それきり、なかなか戻ってこないなぁ・・と思っていたら

自分のおこづかいが入った
フクロウさんのお財布を握りしめ
おばあちゃんをお伴に
近所のお店を渡り歩いて
わざわざ、私の好きな喉飴を買ってきてくれました。

20161015-3-1.jpg

その頃、咳で喉を痛めていたSOに
私はよく喉飴をあげていました。

具合が悪い人がいたら、
自分がしてもらったのと同じように
お世話をしてあげようと、あの子なりに思ったのでしょう。

さらに先日。
お友達と遊んでいた時。

ママ友に促されて見てみると、
遊ぶお友達の輪から離れ、泣いている子の側で
立っているSOの姿がありました。

『 SOちゃん、泣いてるお友達の背中を
さっきから「大丈夫?」って言いながら、
さすってあげてるんだよ。
本当に優しいよね 』と。

なるほど…とぼんやり聞いていたものの
あとでフト思ったのです。

もしも、違う立場だったら。

他の子が、
SOと同じことをしている姿を見かけたら
私はその素直な優しさに
心を打たれただろうな、と。

SOも、あんな優しさを
持ってくれたらいいな、と
思っただろうな、と。

なのに、いざ自分の子がやっていると
当然のことのように心にとめることもなく
やり過ごしてしまう。いかん、いかん、ですよね。

20161015-1.jpg

待ちに待った10月12日。

それは、SOが何日も前から
指折り数えて待っていた
お誕生日当日です。

常に予期せぬパプニングに襲われる我が家ですが
その日も例外ではなく。

お友達と公園であそんでいたら、
遊具から落ちて鼻と前歯を強打。チーンポクポク・・・

連日の疲れもあって、
普段、昼寝をしない子が
泣き疲れて眠ってしまいました。
20161015-5.jpg

1時間半のお昼寝の間、
20161015-6.jpg
私はせっせせっせとお誕生日パーティの
準備をすすめたのですが

起きて、開口一番
『 歯が痛い 』
母、真っ青。

閉院間際の歯医者に電話しまくり、
緊急で診てもらえるところを
やっとこ見つけて飛び込み診療。

ひとつめのお誕生日プレゼントは
歯医者で開封です。
20161015-3-2.jpg

幸い、根の切断などもなく
無事帰宅。

帰宅後、
遅めの誕生日パーティを何とか開催いたしました。

おばあちゃんは大量の唐揚げ!
( 飾り付けは 私っ! )
20161015-8.jpg

私は、ちらし寿司と
20161015-7.jpg

SOの大好物のピクルスを仕込みっ!
20161015-15.jpg

毎年、ケーキ担当の旦那様は
ガトーショコラと
20161015-9.jpg

チョコレートチーズケーキっ!
20161015-10.jpg
前日の夜中までかけて、せっせと作ってましたよ。

さぁ、あとはパーティだね!という
そのタイミングで起こった、あの惨事。

無事にパーティが終わった時には
大人一同ぐったりですよ。

でも。ここ数日、
疲れて元気のなかったSOが
ニコニコで眠りについてくれたので、
がんばって良かったなぁ・・・と。

20161015-13.jpg
待ちに待ったりかちゃん人形。
産まれて初めての誕生日のリクエストでした。


蝋燭が多すぎて、
消すのに一苦労な5歳。
20161015-11.jpg

夕飯が終わるのが、
19時半を過ぎてしまい
眠くなってしまった5歳。
20161015-1-1_20161015210233100.jpg

チョコレートケーキが
食べられるようになった5歳。
20161015-14.jpg
チョコレートチーズケーキ、物凄い美味しかった!

出来なくて、悔しくて
泣いてしまうこともある5歳。
20161015-2.jpg

たくさんの優しさを
みせてくれるようになった5歳。
20161015-1-10.jpg

24時間、いつも感心するほどに
朗らかに日々を過ごしている5歳。
20161015-1-11.jpg

こんな日くらい言ってしまいますが
私にはもったいない娘だな、と思います。

fc2blog_20141025222852063.jpg

1歳。
20141026214811c26.jpg

2歳。
20141026

3歳。


4歳とんで(笑) 5歳!
20161015-4.jpg

その成長を見守れることを、
毎年、その成長を祝えることを、
心から感謝します。

お誕生日おめでとう。
そして、毎日、その全てにありがとう。

にほんブログ村 犬ブログ ウィペットへ にほんブログ村 子育てブログ 2011年4月~12年3月生まれの子へ
5歳おめでとう!で
ポチっと!していただけると励みになります♪

「初めて」を応援する

2016年07月28日 18:39

SOの夏休みが始まり、2週間がたちました。
20160728-1.jpg

6時半には起床し、全力な1日がスタートする・・
そんな、いつもの生活リズムになんら変わりありません。
チーンぽくぽく。
20160728-1-1.jpg

にほんブログ村 犬ブログ ウィペットへ にほんブログ村 子育てブログ 2011年4月~12年3月生まれの子へ
ポチっと!していただけると励みになります♪

長い1日の始まり。
今日は9時から
近くの公園で、近所のお友達と遊んだあと
11時半には初めてのヘアカット。
20160728-3.jpg
『 痛くない?男の人?女の人? 』
ぷるぷるぷるぷる。
SOちゃん、か弱き子羊ちゃんです。

初めてのカットは、20代の頃から
私がお世話になっているスタイリストさんに託しました。

20160728-4.jpg
手早い鋏さばきで、鏡にうつる自分の姿が
どんどん綺麗になっていく様と

大好きなブドウのカルピスまでふるまっていただき
姫体質SO、ご満悦です。

20160728-5.jpg
髪をしばらないと落ち武者だった子が
ちょっと揃えてもらっただけで、なんだかお姉さんになったね。

カットの後は、とっても楽しみにしていた
お母さんとレストラン。
最近「 お母さんと2人きり 」のお出かけを
とても楽しみにしてくれるSOちゃん。

20160728-6.jpg
美容室の近くにある
ESPRESSO D WORKSへ。
ホットドッグ、ジャーマンドッグと

20160728-8-1.jpg
クラッシックリコッタパンケーキ。

美容室の「パンケーキ通」なスタッフさんイチオチという
こちらのパンケーキ。

20160728-8.jpg
フワフワに泡立てされた甘さのないメレンゲに
卵の甘みが香るパンケーキ。

メイプルシロップなどをかけないと
全く甘みのないパンケーキは
口にいれると溶けちゃう柔らかさです。

20160728-9.jpg
ホイップ嫌いなSOも
『 クリーム美味しい!ふわっふわ! 』と
半分をペロリです。

味に関係なく「 フワフワした白い物 」があるだけで
口にいれたがらなかったSOが、
初めてホイップ物を食べました。

食後は一緒にお買いもの。
20160728-10-1.jpg
ラムネも買ってもらったし、髪の毛も可愛くしてもらったし
母の買い物もご機嫌ようお付き合いくださいました。

なんてことはない親子のお出かけ時系列。ですが、
「大人なお出かけ」を一緒に楽しめる年頃になったことが
じんわりと嬉しい。

先日は
20160728-11.jpg
絵画教室で水族館へ。
初めての写生。

写生なんてできるのかね?といぶかしくも
参加した我が家でしたが
20160728-12.jpg
解散時間ギリギリまで熱心に魚たちを描いていました。
大好きな被写体は「 くらげ 」と「 たつのおとしご 」
もっと綺麗なお魚たちがいるがな・・・

来週は
20160728-16.jpg
初めてのバレエ発表会。
練習も大詰め。がんばってます。

SO、4歳の夏。
20160728-13.jpg

まだまだ、この子には沢山の初めてがあるんだな、
と痛感している夏休み2週間。
20160728-14.jpg

母は、この夏も全力で
娘の「 初めて 」を応援していきたいな。

にほんブログ村 犬ブログ ウィペットへ にほんブログ村 子育てブログ 2011年4月~12年3月生まれの子へ
ポチっと!していただけると励みになります♪

バレエ記念日

2015年06月04日 23:18

こんな時だけど。

あるいは、
こんな時だからこそ、
SOさん、バレエ始めました。


歌や踊りが大好きなSO。

幼稚園のママ友に
とても気軽に始められる教室があると
教えていただき、体験に行ったのが月曜日。

そこで年長さんのお姉さん達が踊る姿を見て
『 お姉ちゃん達みたいに綺麗に踊りたいの!』と
大興奮だったSOちゃん。

あぁ、この子もそんな風に
憧れを抱くようになったんだな、と
なんだか感動したものです。

今日のレッスンも、
3歳児とは思えぬ集中力で
のぞんでいました。

なんでもお姉ちゃんの真似。
それは真似しなくてもいいんですよっ!ってことまで真似。

これでもか!っていうくらいの
沢山の「ラブリー」を詰め込んだ
フリフリのレオタードを着たポッコリお腹ちゃん。
fc2blog_20150604224846bec.jpg

3歳児はまだまだ身体能力が発達してなくて、
出来ない動きもたくさんあります。

ジタバタしてるすべての動きが可愛くて、
顔中の筋肉が痛くなるほど、
ニコニコで見つめていました。

娘のためのバレエというより、
私のためのバレエなのかというくらい、
笑いっぱなしの1時間。

はたから見たら、
親バカなんだろーなー、と思うものの、
こうして子供の成長を傍で見守れるって
当たり前ではないのです。

そのありがたみが
身にしみてわかっているので、
この時間を存分に堪能するのです。

お母さんは
「あっちに行ってて」と言われるまで、
じーーっと見守り続けちゃいますよ。

あっちに行っててと言われたら、
影からコソッと見ちゃおうかな。

正直、この時期に何か始めるのは
色々な意味で負担も大きく悩みました。

でもね、SOは踊る楽しみを、
私たちは見守る楽しみを、
こんな日々だからこそ、
こんな楽しみがあるのはいいな、と
思えた時間でした。

子供の存在は人生を色鮮やかなものにしてくれます。

でもね、
親の期待を子供に押し付けないこと。
SOの人生はSOのもの。

夫と私で、そう決めています。
だからね、娘を
「私達が思う何者か」にしたい
という気持ちはありません。

ポッコリお腹ちゃんが、
これからもニコニコで続けてくれるといいな、
というただそれだけ。
fc2blog_201506042251040d8.jpg

お姫様みたいなレオタードを着て、
目をキラキラさせながら
ニコニコで踊っていた( つもりな )SOちゃん。

今日はあなたが憧れを胸に
バレエを始めた記念日です。

にほんブログ村 犬ブログ ウィペットへ にほんブログ村 子育てブログ 2011年4月~12年3月生まれの子へ
↑ポチッとしていただければ励みになります♪

一区切り

2015年01月23日 23:02

1月半ばをすぎ、ようやく今年の話になりました。


この春、幼稚園に入ります。


かねてより考えていたことではありますが、
年が明けたのを一区切りとし、
この記事を最後に
SOもモザイクデビューさせたいと思います。
顔だしおしまい。


いつか、アルバム代わりにこのブログを彼女に渡したいと思っているので、
味わい深いあの表情を隠すことは残念でもあります。



3年間。
無我夢中ながらも、自分なりに
精一杯の愛情を注いだ子供が
社会に出る日が近くなりました。

いよいよ、親離れ、自立にむけての第一歩。
やはり少々寂しいです。

でもね、どうせ抗えない成長の過程なのですから、
しっかり応援していきたいと思います。
パラサイトになられても困るし。



『 今が1番可愛い 』と思う日々が過ぎ、
それでもまだなお、今が1番可愛く(笑)

思えば、
自立を目指すための子供の成長は、
寂しい以上に、喜びと驚きを与えてくれる日々でもあり。

この先、娘の成長を通して触れることができる新しい世界を
私も楽しんでいけたらいいなと思います。

先輩ママの皆様、ママ仲間の皆様、
あとママじゃなくても(笑)、
これからも叱咤激励よろしくです。



SOちゃん、一区切り。
スクスク元気に育ってくれてありがとう。
ずっと傍で見守る日々は、とても贅沢な時間でした。

春から がんばれ。
17kgの抱っこ星人。
とりあえず、幼稚園まで歩いくれ。

にほんブログ村 犬ブログ ウィペットへ にほんブログ村 子育てブログ 2011年4月~12年3月生まれの子へ
↑ポチッとしていただければ励みになります♪


最新記事